社会・・・得点アップの道のり

FROM:真田和之

増田中の校内テスト結果が出始めました。

6月に入会した中1のSさん。

入会時のお母さまとの面談で「うちの子、社会と理科の勉強の仕方が分からないみたいで・・・」とのこと。

本人も「理科や社会は苦手!」と即答するほどでした。そのSさんの今回の頑張りを書いていきます。

まずは試験範囲のまとめからスタート。通常授業が終わってから、授業を30分拡大して要点をまとめ、一問一答を解いていきます。

「繰り返しを家庭学習で毎日やるように!」と指示して、次の授業で確認をしました。繰り返しのやり方は簡単です。解答欄を折って隠し、ノートにひたすら解いていくだけですから。

しかし、テキストを見ると、やっている生徒とやっていない生徒の違いがハッキリ分かります。やっていない場合はテキストの解答欄に折り目がついていません。

一方、Sさんのテキストはしっかり折り目がついています。そして前回やった内容を確認します。テスト対策授業が始まった頃はあいまいな解答が目立ちましたが、日に日に用語量が増えてきているのが分かりました。

小テストの点数も、初めは15点や45点だったものが6割・7割を超えてきました。この調子なら行ける!と手ごたえが感じられましたが、一応、中身を本当に理解しているか確認することに。すると…

「土偶は何のために作られたんだ?Sさん説明して!!」

「お人形さんのように、飾ったり身につけたりするためです」(真顔…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(みな大爆笑)

縄文人がカバンに土偶をつけて歩いている姿を、思わず想像してしまいました。

豊作祈願や祭祀のためだよと説明し「S!!良かったな。また一つ覚えたな」と一言。これにて試験対策は終了です。

さて、結果は・・・・社会、前回38点が71点に。まだ3教科しか返されていませんが、5教科のほうでも400点台が見えてきました。

「400点台行けそうだね!」と声をかけると、

「私もそう思います!!でも・・・お母さんがどうせミスがあるから370点くらいになるんじゃない??と言うんです」と返答。

確かに・・・400点目指す生徒は、大体ミスをして370~380点位に落ち着くものです。

冷静なお母さま恐るべし・・・。でも、せっかっく頑張って社会が伸びたのですから!!大いに褒めてあげてください!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR