速読聴コース(パズル道場編)

FROM:小原律子

「さぁ、今日はどれをやろうかなぁ?」
速読聴と感想文を終えた小学2年生のH君とY君に、「パズル道場」のテキストをめくりながら声をかけました。

「ぼく、これやるー!」「ぼくは、これ!」
H君は、推理問題を選びます。

 「(1)の問題はね…名探偵○○のように、ヒントを読んで(犯人じゃないけど)1番背の高い人をあてるんだよ。(2)は、100m走の順位を推理するんだね。」

問題文をかいつまんで説明してあげると、「うん、わかった!」と元気に答え、勢いよく問題に取り掛かりました。

昨年の春先のまだ通い始めのころは、10分もすると落ち着きがなくなって立ち回っていましたが、いまでは20分以上もじっと問題に取り組めるぐらい集中力がつきました。

問題を解き終わるたびに「先生!出来たー!」と声がかかります。

一般的に小学校低学年の生徒は、終わったらすぐに見てもらいたい欲求が強いので、こちらも「すごいなぁ。さすがだねー」とおおいにほめて、花マルをつけます。H君はこの日、推理問題16問を全てクリアしました。


一方のY君は、ナンバープレイスに挑戦。大人の脳トレとしても有名なナンプレは、楽しく論理力を鍛えることのできるゲームだと思います。
 
少し時間が経って「先生ー!ここまで当たってる?」とY君。

私は1つ1つ埋めてある数字をチェックしながら「いいよ!いいよ!当たってるよー!」と励まします。

「先生ー!また2つできたよー!」
「どれどれ?OK!当たりー!」
Y君の調子がどんどんあがっていきます。

「先生~ぼく、今日これ最後まで全部やっていくからね!」
「そう~!でも、慌てないで、この数字はここにしか入らない!っていう場所をしっかりみつけて埋めていくんだよ。」

とやりとりをしていたところで、残念、お迎えの時間になってしまいました。

「もっと、やりたーい!」の言葉に内心うれしく思いながら、

「外でずっと待ってもらっていたらお母さんがかわいそうだよね。来週続きやろう!」と声をかけると、

「じゃぁ、来週続きやるからね!」と、念をおしてH君と二人そろって帰っていきました。

 その満足気な後ろ姿を笑顔で送り出しながら、一番満足しているのは私なのかもしれません。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR