テスト返却にドキドキ

FROM:真田和之

先日中学校で行われた定期試験の答案が返ってきました。

今回は中3標準クラスのお話。

実は私…最近、朝方に夢を見ます。

何回教えても理解できない生徒たちに、これでもかこれでもかと特訓指導をしているのです。

ここ最近は毎朝苦しみながら目覚める日々が続いていました。

振り返れば…試験までの約2週間は本当に大変でした…。

通常の授業時間だけではなかなか理解に至らないので、終わってから毎回30分以上居残り指導をします。

こちらは生徒のためを思ってやっているのに、時には「もう社会なんてやりたくない!ムリ~・・・」「また計算の間違い直しで残るんですか??もうヤダ・・・」と泣き言を言われます。

(いったい誰のためだと思っているんだ!)と声を張り上げたくなりますが、そこはグッとこらえます。

そして「この2学期の試験で頑張って、内申点上げる!!それが入試に向けての弾みになる!!」と励ますように訴えかけます。

そのせいで寝ている間、彼らへの指導が夢にまで現れるようになったのですが、結果が出てくれれば満足です。さて、結果は…

申告してもらうための「得点記入表」を各自に渡すと、大声で良かった教科の点数を報告してくれる生徒もいれば、納得できない表情をうかべて、いつまでも紙に書き出せない生徒もいます。

いずれにせよ、毎回この瞬間は、私自身が答案を受け取るときのようにドキドキしてしまいます。

さて、今回特に頑張ったのは、いつもオチャラケているR君。

まだ4教科しか返されていませんが、

   社会 数学 理科 英語
前回 66  56  48  37
        ↓
今回 82  72  71  69

となっていて、前回より国語抜きで87点も上回っています。

R君は今回、社会の繰り返しを徹底的に行っていました。

「暇さえあれば・・・」の言葉通り、数学や英語が早く終わったときにも、
「先生!社会の繰り返しやって良いですか?」と自主的に勉強に取り組んでいました。

最近は、以前のように、メンドい…などのネガティブなことを言わなくなり、精神的にも成長したように思います。

一方、やった分に見合わない点数になってしまった生徒もいます。

夏期講習から入ってきたSさんは社会がもう一つでした。

基本問題をあんなに繰り返しやったのですが…残念。

本人はもちろんですが、私も悔しい思いです。

でも、数学はよく頑張りました。毎回の居残り指導が功を奏したと思っています。

そのほかでは、6月に入会したK君。

英語を大の苦手としている生徒ですが、今回はよく頑張った!

中2の学年末では26点でしたが、今回は68点取りました!!

夏期講習では英語の文の形や基本単語が分からなくて・・・宿題を全てこなすことができず、毎回のように半泣きになっていたけれど・・・。

今回は自ら英語のテスト範囲のプリントをもらいに来るなど、大変意欲的でした。結果が出て良かった!!

さて、次は11月の期末試験。それまであと1ヶ月しかありません。

今回良かった人も悪かった人も、次に向けて再始動です。

全員が上昇例になるように、フルパワーで指導にあたっていきたいと思います。

005_20131010175137c8f.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR