スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校時代の強敵(とも)たち

<前回の続きpart.2>

「むかーし、むかし…ってそんな前でもないけどさ。

 オレの高校時代の一高の10位以内というのは…ほとんどが勉強の虫だった。

 今医者をやっている双子のNブラザーズなんかは、部活をしないで毎日4時に家に帰り、住み込みの家庭教師が連日12時まで勉強を教えているってウワサだった。

 ほかのトップ層の連中も、部活をやっている人間もいたけど、大体は夕方6時7時から夜中まで、ガッチリ勉強をやっていたようだった。

 一応、オレも10位以内にはいたが、そいつらに負けるのはしょうがないと思った。

 なぜなら毎日6時間も7時間も勉強できないからね。

 俺は軟式野球のキャプテンをやっていて、部室の戸締りとかあって、学校を出るのが夜7時ぐらいだった。

 しかもそのあとほぼ毎日アルバイトをしていたから、家に帰るのは11時。

 帰ったら、もうそのままグタッと泥のように眠る日々で、勉強なんてこれっぽっちもしなかった。

 ただ、土日はよくやった。

 朝起きて、懸案だった数学の問題を机に広げるんだ。

 今日は学校がない。よ~し、やるぞ~!って感じでね…

 気づいたら夜の12時なんてことがザラだった。

 毎日コツコツは苦手だけど、ここ一番のパワーはあるというタイプだったんだな。

 そんな俺が唯一、コイツにだけは勝ちたいと思う人間がいた。

 S君というやつなんだが、こいつはテニス部のキャプテンだった。

 俺らが帰るのはいつも部室の戸締りをしてからだから、二人とも学校を出る時間は遅く、早い時間からの勉強はできなかった。

 さらにS君は、学校のすぐそばに自宅があった。

 これだけ聞くと、いいことのように聞こえるが…そうじゃない。

 やつの親は共働きで、両親の帰りは深夜だったんだ。

 これが何を意味するか分かる?

 彼の家はね…俺らの格好の遊び場になったんだよ。

 毎日たくさんの友達がやつの家にたむろった。

 もう毎日、毎日、マージャンをやったりゲームをやったりしてね。

 俺もバイトのスキマを見てやつの家に通ったが…
 
 まあ、学校から近いから誰かしらは常にいる、でも親はいないというね…まさに俺らにとってパラダイス。いや~楽しかったな~。

 そんな感じで、やつの家は毎日10時過ぎまで悪友どもがワイワイやっているんだ。どう考えても勉強なんてできっこないよな。

 しかし、やつはテストになると… (つづく)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。