テレビを見ながら勉強

2013/07/16

「家で全っ然!勉強しないんですよ~」

「え~してるよ~」

「してないでしょ!」

「昨日はやったよ~」

「テレビ見ながらのアレ?
 あんなの勉強じゃないでしょ~」

ちょ、ちょっと…まあまあ…

ケンカになりそう?だったので、慌ててとめました。

お母さん的にはテレビを見ながらの勉強は勉強じゃない、自分の部屋があるんだからそこで真剣になってやりなさい!と言いたかったようです。

お母さんは笑って言いました。
「テレビでウワ~ッとなると、ちらちらそっち見て…。
 そんなんで、よく集中して勉強できると思って」

私は言いました。
「う~ん…でも…まずはそれでいいですよ」

「えっ?いいんですか?」
お母さんはビックリしたように聞き返されました。

「あ…はい。テレビ見ながらでも『やってる』わけですよね。
 ならいいと思いますよ」

お母さんは「え~?」と叫んだあと、隣の娘さんをちらっと見て言いました。
「あら~、よかったわね^^」

「もちろん、自分の部屋で教科書と問題集広げて、よ~し今から本格的に勉強やるぞ~っていうのが一番いいんでしょうけど…

 ただ、あれって相当パワーいるんですよ。

 問題を一問解き始めるまでハードルがありすぎるんです。

 今いいところだからこの番組が終わったらやろう…、
 
 ちょっと暑いからアイス食べてからやる…、
 
 体がベタつくからお風呂入ったあとに真剣にやる…

 そう言って風呂を上がったあと…

 眠くなって、明日朝早く起きてやろうとなる…。

 そうやって延び延びになっちゃうんですよね。」

お母さんと娘さんは私の話を聞いて「うんうん」と納得されている様子。

「だからテレビがついている間でもいいからまずやっちゃうことです。

 そして問題を集中して考えているあるとき、

 『ちょっと黙ってくれないかな』と思うときがそのうち必ずやってきます。

 そうなれば自然と自分の部屋に足が向くでしょう。

 昔、二女校で1位を取ったある高3女子のお母さんも同じことをおっしゃっていました。

 娘は居間でテレビを見ながらやっている、本当にこんなんでいいのかと。

 だからいいんですよ。まずはやることです^^」
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック