当たってるけどくつがえらない(2)

<前回の続きpart.2>

「ほら、ここにもこう書いてあるでしょう!」

その生徒は自分の正しさを一生懸命アピールしましたが…

先生はムッとして言いました。

「俺はそんなことを教えとらん」

その後男子は怒り狂いました。

手が付けられなくなったお母さんが、塾に電話を寄越し、助けを求めてきました。

私が電話口に出ると、彼は受話器の向こうで嗚咽をもらしていました。

「ク…クソ…あいつ…頭悪すぎる…教育委員会に訴えてやる…」

(う…うわー…これは重たい…ここはひとまずなだめないと…)

「ま…まあ、まあ…。お前の方が正しいんだ。
 先生だって…人間だからミスはするさ…。」

「だ…だったら…マルに直せばいいじゃないスか!」

受話器からはヒックヒックと泣き声が聞こえてきます。

「確かにな。そこは大人げないよな。情けない人間だと思うよ。」

「オレ、これ当たってれば初めて1位取れたんです」

聞けば、1位との差は1点。
ということは、この問題が2点問題だから、これが当たれば逆転。
道理でこんなに悔しがるわけだ…。

「まあ…1位が何ってほどのことでもないし…」とまたなだめると

「先生は取ったことあるからいいじゃないですか!俺は今回…」といってオイオイまた泣き始めました。

そういえばテスト前、調子に乗って「今俺に弱点はない!次こそ1位だ!」と周囲に力強く語っていたっけ…。
ああ、悔しいだろうなぁ…。

彼の心中を察すると言葉が出てきません。

ここはひとつ、やつのためにとことん聞き役になってやろう。
さあ、なんでもいいっ!
思いの丈をぶつけるがいいっ!

と、黙って話を聞いていると、始めは訴えると言っていたのが、次第にぶっ飛ばすだの、殺してやるだの怨念めいた言葉に変わってきました。

こ、これはヤバい…なんとかしないと!

(つづく)


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR