そのやり方では無理がある…

「いやぁ…まいりました…。どうも計算を機械的にやってるんですよね…」

中1女子の個別指導を終えた講師が、授業後ぼやいていました。

機械的とはどういうことかと聞くと、

「例えば、-4+7だとしたら、『これは異符号同士の和だから…』とかってやるんですよ」

「でたーーーー!!!ハイハイ、『異符号同士の和は、まず絶対値の差を求めてから、絶対値の大きい方の符号をつけよ』というアレね」

*********************

※ちなみにこれは、教科書やほとんど全ての参考書、問題集に書いてある、マイナスの計算のやり方です。

具体的には、-4+7だとしたら、

①まず絶対値の4と7の差を求める ⇒ 3

②次に絶対値の大きい方、この場合は4より7の方が大きいので、
7の前についている「+」を取る。

③よって答えは、+3となる

*********************

「ああ、はいはい、そんなやつです…」

「『同符号同士の和は、2つの絶対値の和に、その符号をつけよ』というのもあるよね」

「ああ、はい…。Aさんは、それを唱えながら計算をやるんで遅いんですよ…」

「…いやー、ひどい…。まったく…最悪の教え方だよそれは。まるで取扱説明書だ…」

「ホント、そうですよね…。Bさんは数直線をイメージしてやるから、計算速いし正確なんですが…Aさんは…学校から言われた通りにやります…。

なんでも学校は、その『絶対値がどうのこうの…』を一字一句間違えず暗記せよと教えているらしいんです…。」

「ええ???…まあ、そっか…仕方ないかな…。

教科書に載っていることは、ほとんどが正しく、やり方も簡潔なんだけど…唯一の例外がそれなんだよ。正負の数の計算…。

大人で、『これは異符号同士の和だから、まず絶対値を引いて…』なんつって計算やる人なんかいないっての。

-4+7なんて今どき小学生でもできるよね。ゲームなんかで、マイナス4ポイントから7点取ったから今は3点だ!なんて言ってね。

ところが中学生になると、絶対値だ…。まったくね…」

「どうしたらいいでしょうかね」

「それはやめさせて。そんなことやって計算している大人はいないって。学校での暗唱には仕方なく付き合うとして、これから計算は数直線とか普段の生活を意識させるんだ。

-4℃から7℃上がった。今何℃?とかで考えるようにさせて」

「わかりました。一応言いますが…あの子…真面目だから『他のやり方ではやりたくない』とか言わないかな…笑」

「えっ?あいつそういうタイプなの…?
たまに女子にいるんだよ…潔癖症というかなんというか…。
ただ、これはダメだ。それで計算やってたら永久に遅いままだ。
なんとしても変えさせるように」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR