中1と札束

「今度の日曜日、塾空いてるんですよね。勉強しに来てもいいですか?」
と高3男子が言いました。

もちろんOKです。

そして実際に日曜の朝に高校生二人が自習にやってきました。

結局夕方まで勉強をやっていき、私が中1に校内テスト対策授業を行っているとき帰りました。

中1生たちは、体の大きい男子高校生が帰る姿を興味深く見つめていました。
そこで、私は彼らに向かって言いました。

「あの人はね、今朝10時に教室に来て、今までずっと勉強やっていたんだよ」

すると「ええ~っ?」「すげ~…」「ムリ~!」とあちこちで声があがります。

私は続けて言いました。
「なんでそんなに勉強するか分かるか?
 …あの人にはな…、夢があるんだよ」

話を聞いて、彼らは一斉に推理し始めました。

「え~?大学に受かるため???」

「…医者とかじゃないの?」

「べ…弁護士?」

(ほう、医者や弁護士は勉強しないとなれないと思ってるんだ…中1にしてはなかなかヤルじゃないか(笑))

私は答えを言いました。

「彼はね…高1のとき、真顔でこう言ったんだ。

『先生…、オレ…、将来金持ちになりたいんです。将来…カネにまみれたいんです』ってね」

それを聞いて、中1の生徒たちは笑ったり顔をしかめたりいろんな反応を見せます。

「驚きだろ?
 だから俺は言ったんだ。

『カネにまみれるってすごいな!!!
 それじゃなにかい、風呂桶に札束を詰めてそこにダイブしたいとか思ってんの?』って。

 すると『そうそう!それです!それいいっすね』なんて言ってねー。どう思う???」

手前に座っている男子に振ると
「いやー、すごいですね」と半ば興奮しながら目をキラキラさせて言います。

(うわー、けがれの知らない純白男子にこんなこと言わせてしまって…いいのかな…)

ちょっと戸惑ったものの「どうしてすごいと思うの?」と聞くと、

「え、だって…いや…なんかこう…」

その生徒は、おそらくカネは大事だと言いたいんだろう。
でも、そんなことをみんなの前で言ったら恥ずかしい…みたいな感じで悶えています(笑)

すると後ろの男子がフォロー。「えー、立派ですよ…」

「ほう、金持ちになりたいというのが立派だと?」

「は…はい…」

彼は、緊張気味に、しかしはっきりと答えました。

「よーし、よく言ったっ!男はそうでなくてはいかん!

お前たちも始まったばかり。これからだな。

一生懸命勉強して、お金持ちになるんだぞ!」

女子はあまり反応していませんでしたが、男子はむくむくとやる気が湧いてきたようで、そのあとは俄然身を入れて勉強し始めました。

ふふ、こいつら草食系かと思っていたが…立派なキバをお持ちのようだ

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR