三者三様

「あー、これほしいな」

英語の問題集をやっていた生徒が、私の持つ解答を手に取り言いました。

「ほーう、どうしてそう思うんだ?」

「えー、だってこれあったら前のところも自分で勉強できんじゃん」

「おお!」

彼は中3で、基本的な内容を繰り返し行う「標準クラス」の生徒。

一つ上の「特進クラス」には生徒全員に解答を渡していますが、「標準クラス」は解答を抜いていました。宿題をやるとき、答えを丸写ししてくる恐れがあるからです。

「…だから抜いてたんだよ。お前は(丸写し)やらない?」

「するわけないじゃん。部活終わったし…、勉強やるよ」

「よしっ!よぉ~く言ったっ!なら喜んで差し上げるよっ!」

(そうそう、それを待っていたんだ!)

私は腕まくりして、段ボール箱から意気揚々と解答を取り出し、彼に渡しました。

「いや~素晴らしい!ガンガン勉強して早く特進に上がってこい!」
「いや、それは無理でしょ」
「そんなことないって。そういうことを言えるんだから上でやるべきだ!」
「いや無理無理」

(でたーっ!!ムリムリ病ーっ!!ま、でも今日はそこはいい…)

続いて、隣に座って勉強していた友人男子に言いました。

「お前は?聞いたか今の?」
「あ、は…はい…」
「んで?『オレも解答ほしい』ってなんないの?」
「あ、いや…今、塾の宿題と学校の課題でいっぱいで…それで…あの…」
「はい、言い訳ね…もういいよ」

続いて後ろの席に座っている、長い前髪を常に気にしている男子に言いました。

「お前はどうなんだ?
こいつは今から変わるぞ~~っ!!
さあ、続けっ!!」

精一杯励ましたんですが…彼ははにかんで言いました。

「ハハ…オレは見ちゃうんで…」
「ナニが?!」
「解答を…。だからいいっス…」

……。

全然話が通じてないんですけど…。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR