社長の母親

前回の続きを。

最年少の上場社長である村上さんのお母さんも、起業に大きな影響を及ぼしているとのこと。

その中身は…

****************

「村上が経営やビジネスに興味がありそうだと気付いた母親は、『ガイアの夜明け』や『プロジェクトX』『ワールドビジネスサテライト』などの経済番組を、一緒に見るように勧めてくれたというのである。

『一緒に買い物に行ったりすると、母がビジネス的な思考をしていたりすることがよくわかります。そういう姿を目にできる機会は父親よりも多いですよね。例えば、スーパーで砂糖が安売りされていて、一見するとA店よりB店の方が安いけれども、実はグラム数が違ったりする。グラムで割って計算すると、A店の方が安いことがある。といったことを教えてもらって、なるほどなと思いました』

(中略)

母親からはほかにもさまざまな影響を受けている。村上は料理が好きで、小さいころからよく母親の手伝いをしていた。

『料理にはいろんな作業がありますよね。それを効率よくやるためには、野菜を切る一方でお湯を沸かしておくとか、後でうまく炒めるために素材を半分調理しておくとか、そういった段取りが必要になる。「段取りを考えて料理をやりなさい」と口酸っぱく教えられました。』

料理で母親に段取りの重要性について教わった村上は、後に、いろんな場面で段取りの良さを発揮する。

『何をするにしても、どうやれば最も効率が良くなるのかを考えるようになりました。それこそ、小学校のクラスで何かに取り組むときも、どういう順番で何をすればもっとも円滑に仕切れるかを想像する。だから、ヘンな話ですけど、小学校のころから、自分なら誰よりもうまくクラスを仕切れると思っていました』

***************

「かつて新聞記事を切り抜いてトイレのコルクボードに貼っていた村上の母親は、現在、テレビを見ることができない息子のために、経済番組を録画したDVDを送っているという」(あとがきより)

「やりたいことをやりなさい」と子どもに自由に道を歩ませる親御さんはよく聞きますが、その「やりたいこと」をこのような形でバックアップできる人というのは…自分も含めてそう多くはないかもしれません。これから自分は子どもたちにどのようなことができるのか…非常に考えさせられました。
プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR