コミュニケーション能力

今年の中3男子は…、なんというか、口数の少ないおとなしい生徒が多く、毎回、指導が大変です。

「はい、ここのやり方分かったー?」と全体に聞くと、女子はだいたい反応があります。

分かっている人は軽くうなずいてくれるし、そうでない人は眉間にしわが寄っていたり首をかしげたままだったり、いかにも考え中のポーズをしています。

そういう時は、その人が理解するまでの数秒間を待ってあげたり、「もう一回言うか?」と尋ねたりします。すると、「よくわからないのでもう一回お願いします」と返答があるので、こちらも「分かっている人は聞かなくていいから次の問題に行って」と指示して分からない人向けに再度丁寧に説明します。

このように、女子には効率よく授業が進んでいるのですが、反面、無表情無反応の男子生徒らには大変手を焼きます。

「ここ分かった?」と聞いてもピクリともせず…。

〇〇君分かったの?とダイレクトに聞いても、ノーリアクション…。

でも表情をよーく観察すると、両目のまばたきの速度と、口元から頬にかけての筋肉の緊張具合に微妙な変化が読み取れます。

最近、ようやくそれらの微細な動きでこの人が本当に分かっているのかどうかを判別できるようになりました。

そんな彼らによく言いいます。

「偏差値がよくたって、いい学校に入って、いい会社に入ったって、結局大事なのは「コミュニケーション能力」だぞ。他人ときちんと言葉を取り交わして仕事を進められる力。それがコミュニケーション能力だ。少しずつでも、意識していこう。そのためには・・・塾に来たらきちんと挨拶ぐらいはできないと。」

といって、いつも彼らが教室に入室したときには「こんにちは」と元気よく声をかけるようにしています。
今日は返答があるといいのですが^^



プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR