自由に生きたら?

先日、塾の休み時間中に生徒が話していました。

「オレ、転部しようかと思うんだけど…」
「えっ?何に?」
「化学部つまんないから運動部がいいかなと思って」
「へー、いいんじゃない?文化部より運動部のほうが内申もらえるらしいしね。」

内申?
ここでピクッと私のアンテナが反応。そっと聞き耳を立てることに…

「そうなんだよ。なんではじめから運動部にしなかったかな~、オレ…」
「でも、今から変えるのもマズいんじゃない?」
「やっぱりそうだよな~。転部したら内申下がるって言うしな~。」
「それじゃ、どっちにも進めないじゃん、ハハハ」


「おい、ちょっと待てよ!!!」
ここで居ても立ってもいられなくなり飛び出しました。

「おいおい…ちょっと聞こえてしまったんだが、お前らは部活を内申で決めんの?」
「え?いや~その~ハハハ…」
「んで、さっきのはホントなの?文化部より運動部のほうが内申もらえるって」
「ああ、それはそうらしいっすよ」
「誰がそう言ったんだよ」
「えっ?みんな知ってますよ」
「転部もダメなのか?」

するとほかの中学の生徒が議論に参戦。
「転部はマズいっすよ、ウチの学年主任が言ってました。」
「内申下げるってか?」
「はい」
「転部したら何の科目が下がるんだよ。体育か?」
「いや、国語じゃないっすか?その先生国語だから…」
「なんで部活を変えたら国語が下がるんだよっ!」
「え?それはよくわからないっすけど常識ですよこれは」

はあ~~~~~~…なんてことだ…

ここで全員を前に緊急授業をスタート。

ちょっとお前たち、部活ってさ…なんつーか青春じゃねーか!(くさいセリフだが…)
それを内申なんかで選ぶの?

部活を変えたらなぜいけないんだ?途中で投げ出したってこと?
それなら転職した人はみなダメじゃないか。

理想と現実が違うなんて日常よくあることなんだからさ、嫌と思ったら変えたらいいんだよ。

おい、Y君!さっき先生に国語下げるぞって言われたんだよな。

あのさ…、お前たちが提出物を出さなかったり、授業態度が悪かったりしてそう言われたなら分かる。

でもそれ以外のことで言われたんじゃあな…。
次そんなことがあったらこう言ってやれ。

「僕は脅しには屈しない!撃つなら撃ってみろ!」ってな。

こないだ、ほかの生徒が言っていた。
学級委員や生徒会を務めるのもある意味内申のためなんだってさ。

は?内申のため?なにそれ?近頃はそんなんで立候補してんの?

(すると「もちろんそうですよ」の声が…)

ウソ!
それは腹黒いごく一部の人間だろ?
おい、K君!確かお前は生徒会に入ったよな、まさかお前…ま…まさか…

するとk君はニコニコ顔で、「先生~、そんなの決まってるじゃないですか~内申もらえ…」

「あ~っ、ダメッ!それ以上言うんじゃない!
お…お前はな…俺の中では最高のナイスガイなんだっ!

…ち…違うよな…?
お前はそんなんじゃない…。
み…みんなを…みんなをまとめて引っ張っていくことにやりがいとかを感じたんだよな?」

「はい!先生~その通りです!僕はリーダーシップを勉強したくて…」

するとほかの生徒が「ハハハ、先生~、こいつ急にウソつきました」

「いいや、ウソじゃない。さすがk君だ。それを聞いて安心した。」

とにかくな、人間みな死ぬんだ。
そんな短い一生の中で、中学の部活というのは…ある意味自分が最高級に輝けるものだと思うぞ。それを内申なんかで決めてほしくはないな。

それにお前らはラッキーなんだ。
入試制度が変わって、内申が低くなったからな。

いいか、合格はおのれの手でつかめる時代になったんだ。
だから勉強がんばれ!

そして、これからは自分の思い通りに自由に生きたらいい。
プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR