タメになるホラー話⑦「真っ先に復習を」

「先生、今度の模試と、夏休み明けの学校の実力テストなんですけど・・・、何を勉強すればいいでしょうか?」

「え?模試の勉強?やんなくていいよ、そんなの」

「え~っ、そうなんですか~?」

「そうだよ。範囲の狭い『期末テスト』なら別だけど、模試や実力はやんなくていい。そもそも模試っていうのは弱点をあぶりだすためにやるんだ。だから、逆に試験後に答案が返されて自分の弱点が分かったあとは、間違えたところの周辺を猛烈に勉強しなきゃあいけない

「はあ・・・」

「『はあ』って、お前・・・コトの重大さに全然気づいていないな・・・。あいつもそうだったけど・・・」

-----------------------------------------------------
タメになるホラー話
第7話「穂多良 一史(ほたら かずし)」


「おい穂多良、そんなに慌ててどうしたんだ?」

「あ、先生!いや~、今度の『実力テスト』ですよ!400点取らなきゃ親にケータイ没収されちゃうんです!」

「ほう、でもケータイ依存症から立ち直るにはいい機会じゃないか」

「そ、そんなぁ!あの・・・、でもやっぱ・・・ムリですかね、400わ・・・」

「実力テストで400だと?ムリに決まってるだろ」

「うわ~ひどい!ねぇ、先生・・・、何でもしますから・・・来週までに400取れる方法・・・教えてくださいよ」

「そんなんないって。『期末』ならできないこともないけど、『実力テスト』だろ?無理無理」

「先生~っ!俺、この前期末で400超えたんですよ!あと10日あるんだから無理と決めつけるには早いでしょ!」

「お前な・・・模試や実力というのは普段からきちんと勉強してないと取れないの。今のお前が仮に試験まで一日10時間ぐらいやったって無理なんだよ。今回はあきらめて地道な勉強を続けるんだ。そうすれば11月には400点を越えてくるよ」

「グスン・・・。地道な勉強って何ですか?」

「普段から言ってることだろ。勉強で一番大切なのは二度と同じミスをしないこと。そのためには間違えたところを繰り返し解くんだ。模試もそうだぞ。お前は家でテストを1ミリも復習しないだろ。問題も解答もほったからしだ」

「そ、そうですけど・・・。どうして見てもないのに知っているんですか?」

「分かるさ。お前は模試が終わって解答をもらったとき、いつも中身をチラッとも見ずに真っ直ぐかばんにしまうだろ。答えなんかまるで気にしていないっつーか・・・。普通有り得ないんだよそんなことは。答案を返したときもそう。点数をチラ見してすぐに机の中に放り込む。どこが間違ったのかチェックしないんだから・・・。そういうやつが家に帰って間違いの復習をするわけがないだろ」

「おっしゃる通りで・・・」

「いいか、模試・実力の勉強は試験前じゃなく試験後に!しかも試験後2日以内にな!でないと・・・」

「・・・でないと?」

「タイムオーバー。ドッカーン・・・だ」

(試験後47時間経過)*********

友人「よう穂多良、お前、この前の『実力』どうだった?俺、全然勉強してなかったからボロボロでさ~」

穂多良「あ~、俺も俺も。数学の図形なんて一っつも書いてねえよ、ハハハ」

友人「お前もか~。な・・・なあ、だったら一緒に間違ったところの復習やんねえか」

穂多良「復習~?ナニ言ってんの?もういいよそんなの(チチチ・・・)。それにもう次のテストがあるじゃん。そっちの方をやんないと!(チッチッチッチッ・・・)。ん?時計音?・・・(チッチッ、ピッ、ピッ)な、何だ!?(ピッ)ドッカーン!」

******************

「『ドッカーン』!?何ですか、それは!!時限爆弾?」

「結局彼は・・・復習のタイムリミットを守れずに爆死してしまった。お前は大丈夫か?コナゴナはコリゴリだぞ」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR