タメになるホラー話⑤「周りに遊ぶものを置かない」

「先生、やらないとダメだという前回のお話、感動しました!私には今まで危機感が足りませんでした。頑張ります!」

「そうか。一歩前進だな。で、どうがんばるんだ?」

「え~っと、そうですね・・・。とりあえず最低3時間はやるようにします!」

「時間じゃないんだけどな・・・、まあ決意は良し。でも今まで勉強1時間の人が急に3時間だろ?なかなか難しいぞ」

「ええ・・・まあ・・・。でも今まで怠けていたのでこれからは心入れかえて頑張ります!

「心入れかえてか・・・ムリだな」

「えっ?なんでそんなこと言うんですか!人がせっかくがんばろうとしているのに・・・」

「あ、悪い、やる気をそぐようなことを言ってしまったな・・・。ただ君と同じことを言う人は過去に何人もいてね・・・、そしてそのほとんどが長続きしないんだ。中でもあいつは悲惨だったな・・・」

--------------------------------------
タメになるホラー話
第5話「長狭 礼(ながさ れい)」


「長狭君、英語の小テスト、なかなか受からないね。このままだと合格できないよ。家で練習やってるの?」

「す、すいません・・・。やらなきゃとは思ってるんですけど・・・なかなか始められなくて・・・」

「ふーん、一日の過ごし方教えて。学校から帰って夜寝るまででいいから」

「家に帰ってくるのは4時過ぎですかね・・・。そこからは・・・え~っと、ゲームをします・・・。でも1時間と決めています!で、そのあとはインターネットとメールで・・・7時ぐらいにご飯で・・・、テレビ見てお風呂入って・・・10時ぐらいかな。勉強はそのあとやろうと思うんですけど・・・雑誌見たりしているうちに眠くなって・・・」

「おいおい・・・流されっぱなしじゃないか・・・。落ちたな、これは・・・」

「やっぱり・・・そう・・・ですかね?」

「100%そう。君の周囲はまだそんな感じなんだろうけどさ、受かる人というのは今の時期からちゃんと勉強しているから」

「じゃ、じゃあ、えっと・・・ゲ、ゲーム!・・・ゲームやめます!学校から帰ったら最初に勉強します!」

「ほう、それはいい心がけだ。で、ゲームはどうするの?」

「え?どうするって?だから、やめるんですよ」

「やめると決めるだけ?」

「えっ?そうですけど・・・、なんでそんなこと聞くんですか?」

「はぁ、全然分かってない・・・。あのな、『決めた』って言うけどそんなのムリなんだよ。人間ね、人生を狂わすほどの大事件、大病、大不幸、大失恋でも起きない限り決して心は変えられないの。そういうつくりになってるんだ」

「え~!じゃあ、どうすればいいんですか!」

心構えではなく周りを変えること。つまりゲームをしないと決めたなら、たとえやりたくても絶対にできないようにするんだ。例えば捨てる、全て売る、親戚に預ける、何重にもガードしてどこか奥底に封印する・・・。とにかく環境を変えるんだ。でないと確実に流されるよ。合格したいと心から願うなら、そうやって時間を作っていかないとダメだ

(数日後)*************

「よし、先生の言った通りゲームを封印しよう。押入れで十分だろう。

(勉強中)・・・う~ん、気になる・・・少しぐらいならいいんじゃないかな・・・、こういうことが気になりだすと勉強も頭に入ってこないしな・・・

イヤ!ダメダメ!やらないと決めたじゃないか!やらない!俺は絶対に流されない!

・・・でも、もう30分もがんばった。自分へごほうびをあげてもいいんじゃないかな・・・そうだよ、ストレスをためるのはよくないし。少し息抜きすればまた勉強もはかどるだろう・・・

ほんのちょびっとなら・・・(ガサガサ)
たしかこの場所に・・・(ゴソゴソ)
この箱の中に・・・うっ、これはっ!う、うわぁぁー!」

******************

「そ、それで?それで長狭さんはどうなってしまったんですか?!」

「消えていなくなったよ。流されっぱなしのあいつは最後、その箱に吸い込まれてどこかの世界に流されていったんだろうな」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR