スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中3Aクラスの様子

毎年、中3Aクラスは真田先生が担当。

在籍生徒の主な受験校は、宮城野、仙台三桜、仙台東、仙台西、名取北などで、毎年ほぼ全員が合格します(2016年度は100%、2017年度は97%)。

クラス全体が目標に向けて一致団結しているのが特長で、隣の部屋で授業をしている私はときどき、何でそんなに隣から笑い声が起きるのか不思議でなりません。

おそらく、生徒の集中力が薄れてきたと感じたときに真田先生が話術で気分転換させているんでしょうがウマいものだなぁと感心します。

DSC00511.jpg


先週、21:20の授業終了後に真田先生に用事があってこのクラスに行くと、全員が居残って真剣にホワイトボードを見つめていました。

いったい何をやっているのかと様子を見ていると、

①先生が数学の計算問題を5問書き、

②生徒全員、一発で当たったら帰宅できる(誰か一人でも間違えたら帰れない)

③ただし、計算5問を2回連続当てたら、その人は帰宅できる

というミニゲームを始めました。

一瞬、連帯責任はキツいかも…と思うも、「2回連続正解」で帰れるならまあいいでしょう。

でもこれ、生徒にとっても、自分のことだけじゃなくて、他人に迷惑をかける可能性を考えると、問題を解くときより一層気をつけるようになるんじゃないかな。

「あ~あ、お前のせいで…」と言われるのはイヤだ、、、自分だけなら平気だけど、周囲にかける迷惑のことを考えたらくだらない凡ミスなどできない!と集中力、注意力、ともにアップするするでしょう。ふ~ん、やってみるのは面白いかも!

*****************

この日、一番遅くまで残った人は夜10時。

CIMG3395.jpg

帰り際、真田先生は男子の肩をむんずと捕まえて、「ほら、最後にもう一問だけやるぞ」と教室入り口のホワイトボードに問題を書きました。

「ええ~!また~?でも、もうできますよ」と男子。

しかし、結局それが間違っていて帰宅はさらに15分伸びることに。あらら…おつかれさまです^^

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。