FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒への声掛け②

またまた中3の話。

DSCN3554.jpg

入試まであと4日というこの時期。
ここまでくると、上位高を受ける生徒は大体腹がくくれているようですが、勉強に自信がない生徒はそうもいきません。

この日自習していた女子二人もそうでした。
二人は、普段、私が指導している生徒ではありませんが、毎日一生懸命自習している姿は知っています。

「こんにちは。今日も頑張ってるようだね」

あまり話したことがないので、軽く挨拶してから尋ねました。「入試まであと数日だけど、緊張してきたとかそういうのはある?」

二人はお互いの顔を見合わせてから「う…うん」「ハイ…」とぎこちなくうなずきました。

「だろうね。なんとなくそうかなと思って声をかけたんだけどさ(笑)

じゃあ緊張を減らす方法を教えようか。Sクラスでは話したんだけど」

二人「ハイ」

「あなたたちも緊張しているけどさ、この時期になると親も同様に緊張するもんなんだ。どう?お母さんを見ていて緊張していると思わない?」

さあ、どうだろう…と笑って首をかしげる二人。

「そっか(笑) ならあなたたちのお母さんは偉いね。子供に不安は見せまいと思って頑張ってるのかもね(笑)

でもね…オレは長いことこの仕事をしているから分かるんだけどさ。お母さんの心配はあなたたち以上だったりするんだよ。

大丈夫かな…。自分が仕事に行ってる間もちゃんとやってるかな。部屋に入ったはいいけどちゃんと勉強してるのかな。どこかで風邪をもらってこないかな。もし本番でそんなことになったら大変だな。不合格になってあの子にかわいそうな思いはさせたくないな…などなど。

でもこれって自分ではどうしようもないよね。だって自分が入試を受けるわけじゃないんだから。

で、ヤキモキして精神的にマイッている親…特に母親ね。こういうケースが少なくないんだけど…どうだろう、あなたたちのお母さんは」

「フフフ…」
「…さあ(笑)」

「でね、ここからが大事なんだけどね。

あなたたちが緊張するのは、周りが見えてないからなんだ。

落ちたくない…。
みんなが受かって自分だけ落ちるなんてイヤだ…。
惨めな思いはしたくない…とね。自分ばかり。自分がどうなるかということにばかり意識が行ってるから、視界が狭くて息苦しくなっていくの。

そうじゃなくてさ。
自分以外。
誰かのために頑張ろうって思ってみて。
身近なところではやっぱり親かなぁ。

受かってハッピーになりたいではなく、親を喜ばせたいということ。

惨めな思いを自分がしたくないではなく、そういう思いをみんなにさせたくないということ。

人間さ…、自分一人ならくじけることがあるけど、他人のためなら頑張れるよ。

試験中に問題文を読んで、ああ…なんだかよく分かんない…ここはもうカンでいいかな…と諦めかかったときにね、、、

バックに誰かがいると不思議と力が湧いてくるんだ。みんながついている。ここで折れてはいけないって。

だから残り数日間のうちにもし不安に襲われることがあったらさ…

そのときは親に感謝して。

いつも温かいご飯をありがとう。
掃除、洗濯、送り迎えに感謝します。
私は全力を出しきります。だからどうぞ応援してください。

目を閉じて心からそう思えたら、、、大丈夫。不安は吹き飛ぶって(笑)」

DSCN3556.jpg

今日の午後5時の自習生↑
みんな頑張っています。
なんとか良い結果を!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。