今日の一日①

今日は前期の合格発表。

裏ブログで実況中継していますのでご覧ください!

午後5時過ぎに名取教室入りすると、岩沼からきている女子が「先生~」と声を震わせて椅子から立ち上がりました。「受かりました~」

(えっ…)
私の中では前期は厳しく、後期の合格可能性が6割ぐらいだった女子。
すぐにおめでとうと声をかけると女子の目がみるみる赤くなりました。

「三高普通科は4倍だったよな…よく受かったわ…」
「ハイ………」
女子は私の声に感極まったのか、そこから一気に堤防が決壊。あらら…

ありがとうございますを言いながら涙をぬぐう女子の後ろ、その子が座っていた机が目に入る。そこには問題集とプリントがおいてあった。社会の記述問題。

ハァ~…
ここだ…

合格してもなお机に向かうところ…。偉いもんだ…

*****************

奥で勉強していた男子にふらりと近づく。
さっきの女子とは親戚関係にあり、同じ高校を受ける予定。

「あいつ…前期で決まったようだな。知ってた?」
私が聞くと、男子はああ~と情けない声を出して机に突っ伏しました。
「聞こえてきました…」

「取り残された感じになってるのか?
関係ない関係ない。これからだ。大部分は後期で受けるんだから」

ふと机を見ると、私が指示した漢字練習のあとが。
「おお!感心感心!…でも字が汚ねえな。
…ん?コラッ!水曜日は書けるだろ!そんなの練習しなくていいよ(笑)」

DSCN3350.jpg

柳生からわざわざこちらまで通って勉強していた女子。合格しましたと笑み。

「良かったなあ!お前は勉強していたからな。努力してつかみ取ったものだね!」

DSCN3348.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR