漢字で書くクセを!

数学の才能は素晴らしいものの、文系科目になると成績が落ちてしまう男子がいます。

三高理数科を受験しようとしているSとHは特にそう。

どこに原因があるのかと答案用紙(宮模試1月号)を探っていくと…

まず国語。
漢字でいまだにミスしまくっていて、二人とも8問中半分も取れていません。

そこで塾教材の国語の「漢字トレーニング」を何周したのかそれぞれに尋ねると、

「今は3周目です」
「まだ全部はやっていません…」との返答。

ふ~ん、、、まあとにかく入試では小学校高学年から含めて必ず8問出るわけだから。きっちりこなしていこうよ…とため息をつきつつ社会に目をやると……ガ~ン…唖然、呆然…。解答欄に書いてある言葉の数々に目が点になりました。

「しょいんづくり」
「領じさいばん権」
「へんせい風」
「こっこししゅつきん」

ちなみに上の3つはマルになっていて、4つ目の問題は×。正解は「国庫支出金」ではなく「地方交付税交付金」なのですが…

「いや~…なんだこれは」
私は男子の前で笑うしかありませんでした。

「知性がまるでない。
こういうことをまだやってんの?
模試を返すたびにずっと言ってきただろうに」

肩を落とす男子に向かって私は再度言いました。
「言っとくけどな。宮模試とか学校のテストは偏西風をひらがなで書いてもマルになるんだろう。でも、本番ではバツだよ」

「えっ、バツになるんですか?」
「なる。下位の高校ではマルになることもあるけど、普通はバツだ」

すると三者面談で横にいた父もハァ~っと大きくため息をつきました。「情けない…だから前から言ってきただろう。普段から漢字で書けって。…ツケが回ってきたな」

*****************
昨日、日曜日にやった予想模試↓

CIMG3213.jpg

肉眼と書くところをニクミン…。
「穀」が書けたのに「倉」でアウト…。
「りんかく」は「りんね」…。
死んで輪廻転生するしかないのかなぁ…
がんばろ…
*****************

もう一人も。
国語の漢字はおろか、理科でも「胞子」が書けなくてバツでした。
面談時、隣で聞いていたお母さんはあきれて、アンタバカじゃないの?を何度となく繰り返し、私も大笑い。

って、いやいや笑い事では済まされない。
とにかく前期はもうアレだけど、後期試験まで1か月あるんだからさ。
国語だけじゃなくて社会も理科も全部、漢字で書いていこう!と言いました。

こちらをご覧の中1、中2、小学生の保護者の方。
普段から子供が漢字でものを書く癖をつけないとエラいことになりますよ!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR