FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスしたら…

昨日の夜。
一高、三高生に大学入試センター試験の過去問を解かせました。

数学ⅡBの2006年度を実施。
今から約10年前のものですが、改めて解いてみて、今のよりもだいぶ優しいように感じました。

なんといっても問題の文章量が少ないですね。
近年の入試の半分ぐらいでしょうか。

いや、昔が少ないというより今が多すぎるのだと思います。
最近は情報過多の時代だから、問題作成者もこのぐらい詰め込んでも大丈夫だと思っているのでしょう。

したがって高3が10年前クラスの過去問をやるのはあまり実戦的ではないと思います。

でも、昨日の彼らはまだ高2。
このくらいなら、古い物も基本を学ばせる上で有効です。

↓「ここはこうやって解くんだ!」と熱弁を振るう。

DSCN3127.jpg

と、何回やっても答えにたどり着かない一高生が。

彼は優秀なのに。なんでできないかな。
と、ようやく…

「できました!」
「どれどれ?…違うな」

(5分後)

「先生、今度は?」
「ふ~ん、違うね」

(5分後)

「あ、な~んだ!先生、これです!」
「ん~~~?……違うな。オレが違うのかな?」


DSCN3131.jpg

「やっぱりお前が間違っているようだぞ」

男子、私が書いたのを見て「あっ!」と大声。

「うわ~~~~!
割る2を抜かしてた!
クッソ~~~~!
う~~~!!死にたい!」

「素晴らしい。
計算ミス、イコール死。
久々に聞いたよ。
最近の中学生は計算ミスしても、あ、やっちゃった!と舌を出して終わりだからね。軽いんだ。『凡ミス』とか言ってさ。

『凡』じゃないだろっての。
ミス、イコール死ってことが全く分かっていない。
オレが『コンパスをヒザに刺せ!痛みを伴えばわかるだろう』と言うと、みんなゲラゲラ笑ってね。
笑い事じゃないよ。
ミスしたら生きている意味がないってことが全く分かってないから再びやらかすんだ。
その点、お前はやっぱり優秀だ。
ちゃんと死にたいと言った。素晴らしい」

「え~…、で、これで合ってますか?」
「ああ、あってる、あってる(笑)」

****************

明日、明後日はいよいよセンター試験ですね。
受験生の皆さんがんばってください!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。