三者面談

今日は中3の三者面談が5件。

冒頭、「受験生の自覚は出てきましたか?」の保護者さんへの問いかけに多くの方が、

そうねえ…とため息交じりに笑って我が子をチラリ。

そして、変わったようには見えませんねぇ…と再度笑ったところで、

生徒にホントにそうなのか聞くと―

「ハイ、やってません」とバカ正直な返答。

コッ…コラ…

「お母さんの見てないところでやってるよ!」ぐらい言えないかね。

***************

夜22時過ぎ↓

DSCN1089.jpg


五橋と名取、両教室を行き来する高2。このあと翌日の数学のテストの質問が。


DSCN1090.jpg


中1の地理を復習する中3。この人は部活が終わってから完全に変わったな。


DSCN1088.jpg


一高は明日も校内テスト。やるときはやります。


DSCN1087.jpg


宿題をやってから帰る中学生。頭を抱えてる^^


DSCN1085.jpg


一足早く高専の過去問に触れる中3。好物の数学以外もやってね。


DSCN1084.jpg


***************


面談―

しゃべる…。

ひたすらしゃべる。

今のままではマズいと思ってほしい

やらなきゃと火がついてほしい

そういう思いでアツく語って、勉強法についても一通りしゃべったところでちょうど30分。

ドアをノックして事務が顔を出す。
「次の人が見えました」

私は生徒に向き直り最終確認。

「どう?今の話を聞いて気持ち的になにか変わったかい?」

「はい、ヤバいと思いました」

「今言ったこと…やれる?」

「はい、やります」

「そっか…ならば三者面談した甲斐もあったというもの。では。信じてるぞ」


夜―

中3の授業のとき、ぜんけん模試を返却しながら、

クラス全体に向けて受験の心構えや勉強法についてさっきの面談と同じことを語る。

変わってほしい

行動に表れてほしい

そう願いながら。

……通じたのかな

通じてほしい

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR