両立は難しい

連日暑いですね~!

こう毎日暑くては、仕事が終わってさあ書くぞと思っても、体が、脳が、言うことをききません。

私はブログを書くとき、まず脳みそを空っぽにします。

ボーっと天井を見上げながらグルグル回っている脳の運転をゆっくり止めていきます。

そうやってだいたい10分ほど経てば―

ほどなくリラックス状態になります。


そこからまた考えていきます。

さて、今日は何を書こう。

ああ、あんなことがあったな。

あれはみんなで共有できる話題だ。

そしてこれをチョイと入れれば面白いだろう…


と、全体像が見えてきたそのとき…、ノイズのように妨害電波が混じってきます。

それは家にいる子供のことです。


(あいつはちゃんと晩ご飯食べたのかな…

またコンビニのファミチキでおしまいってんじゃないだろうか…

だらだらテレビ見てんのかな…

風呂には入ったんだろうか…)


そして我に返る。

うっ…せっかくまとまってきたのに…

なんでそっちに行くかな。まずはブログ。さっさと書いて早く帰ろう。

え~っと、宿題をやってこない生徒をどう処刑するかって話だったな…

………


(あ、そういえば今週末の部活は朝何時からだったっけ…

先週は時間変更のメールを子どもに伝え忘れて恥をかかせてしまったからな…

あと次男の野球の方は…)


メールチェック後、シンキングタイムに戻る。


ええ~っと、どこまでいったっけ…

そうだ、宿題をやってこない人たちの話だ。

なんでやってこないんだ、とこちらが問う。

すると一昔前は、申し訳なさそうに苦笑いするのが常だったのが、最近は「やる時間がありませんでした」と平然と答える生徒が増えてきた。

今も昔も宿題量は変わらないのに。なんかこっちに非があるみたいだ。

でもこの暑い毎日、部活でヘロヘロになって、家に帰って宿題を放置してしまう中学生の気持ちはよく分かる。

そうだよ。自分だってブログが止まっているじゃないか。

「何でヤッテコナインダ!」と怒鳴っている自分はナンナンダ。

ひとまず風呂に入ってサッパリしてから…

とりあえずビールを飲んでのどを潤してから…

そういってやることを後回しにして、いつの間にか寝入ってしまっているではないか。


「どんどん厳しくやっていただいて構いませんから」と多くの母は言う。

「私の言うことはききませんので」「先生の方から言っていただけると助かります」


そう…この意見もわかるわ~…

ダラダラ中学生の気持ちは自分もそうだからよくわかる。

でも母親の気持ちもウチの子を見ているとよくわかる。この辺を書いていって…


(あ、明日の朝食の牛乳が切れたな…

帰りにスーパーに寄って買って行かないと…

あとなんだっけ。ティッシュに卵、野菜ジュース…)

あ~~もう!また家のことが!

どっちかにしてくれ!

**************

と、こんな感じで堂々巡り。

いや~、仕事と家庭の両立って、今さらながらなかなか難しいですね。

しかし、世の働いているお母さんたちもこうなんですよね。仕事をしながら家庭のことを考えて。

なのに自分は言い訳ばかり。ダメだなあ。

ブログ、コツコツいきます…。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR