高校入試の仕組みが変わる④

前期試験がなくなるシリーズの最終回。

今の高校入試が抱える問題、「高校における課題」とは…です。それでは。

※過去の記事
part.1
part.2
part.3

以下、「 」は県の答申にあったものから抜粋。

<高校における課題>のつづき

・「後期選抜でも十分合格できる生徒が、前期選抜に出願し不合格となっている」

はい、そうですが…

でも前期は募集人数が少ないんだからこれは当たり前では?

力があっても弾かれる人がいるのはやむを得ないと思うけどな。

そこで私は考えました。
なぜこれがお上にとって由々しき問題なのかと。

思い当たったのは2つ。

1つは、
前期不合格の人が後期でランクを下げる…つまり良い人材がほかに流れるのを気にしたのでは…と。

過去の記事にもあるように、前期がダメだった人の一部は、たとえ後期で十分受かる実力があっても、「自信を失い」、「志望校を変更して」しまうものです。

そうやって優秀な人が本来入学して研鑽を積むべき進学校から逃げてしまう。それを気にしたのかな…。

志望校を下げても、その人がモチベーションを失わずに勉学に励んでくれればいいですけれど。

でもなかなかそううまくは行かないんだよな。環境の影響は大きいから。

ということで人材流出説が一つ。

2つ目は、
前期不合格が、本来後期でも受かる生徒の自信を削ぎ、下を向かせてしまうぐらいなら、前期そのものを取っ払いましょう。

そうすれば彼らのマインドは守ることができる、とのご判断かなぁ…と。

だとしたら過保護だなと思わなくもないけど、15歳の年齢をどう捉えるかはなかなか難しい問題です。

過去に、二高合格確実と言われていた少女が前期不合格に大変なショックを受け、勉強に手がつかなくなり、結局後期は受けずじまい。

そんなことなら前期なんか受けなければ良かったのにと親も教師も塾の先生も言う中、本人は私立へ進み…やがて中途退学し…家に引きこもって…みたいなパターンも経験済みです。

人間、壁にぶつかって、落ち込み、悩み、それを乗り超える経験は、人生のどこかで必ず訪れるもの。

だけどそれはもうちょっと後でいいのでは…ということなのかもしれない。ということで、心のケアー説が一つ。

でもこれだと入試一本化で、生徒はますますビビることになるかも…。そう考えると難しいですね。

やっぱり、人間、胆力だな…と思いました。

**************

・「前期選抜に合格した生徒は、入学までの2ヶ月間で学習習慣が失われている」

確かに。中3の最後の2か月はすべて習い終わっているものを駆使するという意味で、一番学力が伸びる時期です。

ここを不勉強で過ごすのは非常にもったいないですよね。

でも、これは前回も書いたように成績優秀者はそうでもありませんよ。

私の知る限りこれに当てはまるのは I 吹ちゃんぐらいで、あとのみんなは勉強のペースが落ちません。

ああいう危機意識はどうしたら芽生えるんだろう。生まれつきなのかなぁ…

**************

・「入試の時期が在校生の考査や成績処理の日程と重なっていることで、学年末に向けた在校生への補充授業や大学進学に向けた高校3年生への進路指導・学習指導を十分に行うことが出来ない状況がみられる。」

これこれ。入試一本化になれば、高校側にとって一番大きいメリットはこれでしょう。

先生方は中学生の受験業務よりも、こういう本来のお仕事で、宮城のレベルを底上げするために頑張っていただきたいと思います。

**************

<その他>

・「前期は出願条件があるため、全ての受験生に対し、平等に受験機会が与えられているわけではない」

そうですよ。生徒間だけでなく、中学校間の格差はどうするんですか。

内申点で良い数字をバンバンくれるあの学校は有利、めったに5をくれないあの学校は不利。

そんなのがまかり通る現状はおかしいですって。まあ、後期もだけど。。。

・「前期の募集割合が少ないため倍率が高くなり、結果として多くの不合格者を出す」

まあ、これは勝負事なので仕方がない。

前期に手を挙げた人はこのぐらい覚悟するべきだし、県もそういう教育を目指さないといけません。

・「前期を受験する生徒は、国語・数学・英語の3教科に力を入れ、社会・理科の学習を軽視する傾向が見られ、学習状況にも偏りが見られる」

ナンバースクールの入試は、小論がほぼ理社なのでこれを軽視している人は受かりません。

でもほかの学校は普通の作文が多いから生徒の多くは軽視しまくりですね。

・「前期選抜は中学の学習をまだ修了していない段階での学力検査だから、学力の高い生徒が早期に合格するための機会となっている」

これも確かに不平等。
2月1日で相似や三平方を自在に使える生徒は、進学塾に通って、とうに先取りを終えている生徒や、親が先回りして教えられる家庭の子供以外には考えられません。

だから「学力の高い生徒」ではなく、「先取りを終えている生徒」という表現にしてほしかった。そういうことをしていなくても「学力の高い生徒」はいますから。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR