宮一に進んだ女子たちの話

前回記事に関連して、今年度当教室から宮城一高に進学した生徒の記録をご紹介しまーす。

・前回ブログで紹介した数学嫌い女子

hi3.jpg

偏差値が最後にカクンと下がっているのは国語と英語によるものです。

これはこの時期ひたすら数学ばかりやっていたからなのですが、これを機に最後の1か月はバランスよく勉強に取り組みました。

前期では数学85のほか、国語85、英語98だったとか。そりゃあ受かります。

「絶対落ちる~!」
「受かるって」

「ムリ!絶対受かんない!ああ落ちたわ!」
「大丈夫。お前が落ちたら誰が受かるんだ」

っていう言い合いを何回やったことか…。

もうこの手のやり取りは疲れました。

今年はこういう跳ねっ返りがいないことを切に望みます…

**********************

・こちらはお姫様タイプ

rs3.jpg

志望校選びは最後まで南か宮一で迷い、私が進路相談にのるたびに「ああ、落ちたくない…」と溜め息。

この人の場合、志望校はどこに行きたいかではなく、とにかく「落ちたくない」が一番でした。

受験まで残り一か月を切ると、塾では毎日、ひとつ前の女子と一緒になって「ムリ」とか「落ちる」を連発。

でも性格はちょっと違っていて、前の生徒はマイナス発言をすることによって自分を鼓舞するところがありましたが、この人は溜め息ばかりで、暗~く、絶望的な毎日を送っていました。

ホント……この人の心のケアにどれだけ手を焼いたことか…。

「合格ラインをずっと上回っているんだ、大丈夫だよ」と優しく語りかけても、本番で下がるかもしれない…と泣き顔で返され、

「数学ができるのは大きな武器!行けるって!」と強めに励ましても、ううん…できない…昨日のあの問題解けなかったし…と一つを取り上げてイジイジされ、

ほっといたらほっといたで、先生…私…何したらいいですか…と、もう何度も語った勉強法をまた言わされ、

結局、一日一日手を変え品を変え支え続けて、なんとか受験日までたどり着きました。

私はもう疲れました。

今年はこういう絶望女子がいないことを切に望みます…

※受験後、お母さんからお手紙をいただきました!

「こんなにも数学が好きになって。工藤先生の『数学は美しい』という教えがなければ今の娘の姿はなかったと思います」

いや~お母さん!勉強が好きになってくれたというのは私にとって一番の褒め言葉です。ありがとうございます!

**********************

・こちらは真面目な天然女子

ns3.jpg

上の二人から、受かるとしたらこの子だと言わしめた優等生タイプで、性格は温厚も、やらないと置いて行かれるという危機意識を常に持ち、私の見ていた限り、塾では常に勉強していました。

でも、私が授業でくだらない話をして場を盛り上げても、いつも一人黙々と勉強しているので、そういう話に興味ないのかなぁ…と思っていましたが、お母さんから頂いた手紙に「学校に行きたくない日があってもハイパーは絶対お休みしたくない娘でした」とあったのを見て嬉しくなりました。ありがとうございます!

**********************

・内申点が足りず、後期で受験した女子

or5.jpg

ズケズケものを言い、何言ってんの!と男子らにツッコむ平手打ちは破壊力満点、誰かこのレアポケモンを捕獲してくれる者はいないものかと思っていたら、試験2週間前ぐらいから精神不安なのか自習中によく涙を流すようになり、どんな怪物であっても乙女はやはり乙女なのだということを私に悟らせてくれた貴重な存在。

数学の難問に1時間以上コンコンと考えられるその集中力は人並外れたものがあります。高校数学でその力はきっと開花されるだろうね!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR