中高一貫校対策コースを始めます②

<前回の続き>

そしてその翌年。一人の女子が二華中を受検しました。

この子は小5の途中から来て、私と遠藤が毎週交互に入って指導しました。

「公中検模試」では、偏差値50から60後半までスイスイ来ました。

nika.jpg

最後の模試では、全国の受験者の上位5%以内に入りA判定、おととし合格した女子の数字を上回ったので、これなら大丈夫かもと思いましたが…、結果は残念でした。

私はこのとき、しばらくの間立ち直れませんでした。(本人、ご家族はもっとでしょう)

そして―

指導にまったく自信がなくなり、翌年は一貫校指導のお問い合わせを丁重にお断りし、自塾で引き受けることはありませんでした。

そんな中、その年の冬にひっそりと五橋教室をオープン。(ひっそりと…が好きみたいです)

すると、そこにいらっしゃったのが意識の高い方々ばかりで、逆にその方たちからいろんなことを教えていただきました。

これまで私が二華中関連で得た情報をあげると、

・ずっと野球をやってきたが、小6夏でやめて塾通い、毎日毎日、夜12時まで、塾からよこされた大量課題をこなし、猛勉強の末に合格した男子

・塾に通わず、通信教材を使ってお母さんと二人三脚で一緒に勉強して合格した女子

・大手塾には行っていたが、受験前日までテレビゲームをして合格した男子

・塾に通いながらも、毎日早朝、仕事前に父が勉強を教えて苦学の末に合格した男子

・入試1か月前に「受けてみる?」と母が市販の過去問を渡すと、1か月間それを興味津々で解き、合格した男子

・大手塾の二華中模試で1位になったのに残念だった女子

・全国統一小学生テストで1位になったのに残念だった男子、など。


こういうお話をいろいろ聞くうちに、私は受かった人は何が正解で、残念だった人は何がダメだったのかよくわからなくなってきました。

そうこうしているうちに、前回ブログで紹介した「受検勉強は無駄にはならない」というお母さんの意見が徐々に私の心を占めてきました。

自分の指導力不足に落ち込み、もう二度と見たくないと「中高一貫校受検」から逃げ回っていたのが、

実はそうではないんじゃないか、

大手の1位やトップクラスにいても不合格になる子もいる、

ブログや口コミからこちらで習いたいと言っている生徒にやるべきことをやる、そのことが大事なんじゃないのか、

結果は勝負事だから運、不運はある。

受かれば本望だが、不合格でもやったことは無駄にはならない、

もちろん受からせるために全力でやるが、

勉強は、前回ブログの二人のように、興味関心を持ってワクワクしながらやるのが一番ではないか。

その二人、塾の先生の解説はヘタクソでつまんなかったと言ってたけど、興味を持たせて楽しく勉強させることなら自分は滅法自信がある。

そういう主旨でコースを設置してみようと、今年の年明けぐらいから思うようになりました。

3月まで高校受験に集中していたため、告知が遅くなってしまいましたが、きっかけは以上のような理由からです。

授業内容はつづき(③)にて。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR