入試倍率が出ました

2017/02/25

昨日、宮城県の公立高校入試倍率が出ました。

2017後期倍率a

毎年のことですが、いよいよ身が引き締まる思いです。

2017後期倍率b

それにしても…

宮城一理数や仙台二華、向山理数、宮城野総合、宮城広瀬など、これまで2回の予備調査の段階では倍率激低だったところが、フタを開けてみたら軒並み倍率大幅アップしているのには大変驚きました。

一方、一高や三高、仙台南などの、昔からの人気高が調査を重ねるたびに倍率が低下しているのにも驚愕。仙台一の1.38倍、仙台南の1.25倍なんて近年にない数字です。

今まで、この辺の学校を受けようという人なら、倍率が何倍だろうが一度決めたことは変えずに最後まで挑戦し続けたものでした。

それが今年はこのように、こだわりを捨てて倍率の低いところに移動するんですから…。

私はこの表を見て、「なんとか公立高校に行ってもらいたい」と願う親、

それと、どの高校に行きたいかよりも「落ちたくない…」を優先する生徒のことが頭に思い浮かびました。

まあとにかくサイは投げられたわけです。

3/9(水)の本番まで11日。

さあ、がんばらないと!

********************

<最後に受験生へ>

倍率が出ると、不安になりますよね。

自分はこのままでいいのか。
本当に受かるのか。
どうしたらいいのか。

でもね、

不安なのはあなただけではありません。


他の人も、

あなたの親も、

みんなそうなんです。

みんな一緒。

だからそれでいいの。それがふつう。

でも心が押しつぶされそう?

ではそんなあなたにアドバイス。

不安を軽くする方法があります。


勉強してください。

勉強している間は不安はなくなります。

そしてやった分は自信につながります。

ただ黙って机に向かうんです。

きっと大丈夫だから。

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック