入試まであと2週間!③

他の机には中2女子が。
「早いね!授業までまだ1時間以上あるよ?」
「はい!」

「家に帰らないの?真っすぐ来たのかな?」
「はい、一回帰るのが面倒だから」

DSCN0042.jpg

「ふ~ん。でもこうやってちゃんと勉強しているんだからね。偉い偉い。それは?」
「あ、学校の宿題です」
「へえ、偉いなあ!」

「あれ?お隣さん、あなたのそれは?」
「あ…今日の塾の宿題です…(笑)」
「だよね…。早く終わらせようね(--)」

*****************

別のテーブルでも中3のオレンジジャージ2人が向かい合って勉強していました。

(ほう、あの二人…
1ヶ月ほど前は自習中のおしゃべりが過ぎたけど、入試2週間前ともなるとさすがに真剣だ)

私は近寄って声をかけました。
「どこを受けるの?」

すると一人は私立に行くことになっていると返答。
「それなのに勉強かー!いやあ立派立派!あなたは?」

もう一人の方に声をかけると、こちらは後期があり、名取高校を受ける予定とのこと。

偏差値は足りているのか聞くと、笑顔で「はい」と答え、手元には社会の一問一答が広げてありました。

私はそのさまを見て安心しました。

大丈夫と思われている人で不合格になるケースは大きく2つあります。

一つは緊張しすぎる人。

例えば私が声をかけて、もしその子が、

・ゆとりがなく、顔はこわばり、息も絶え絶えで返答し、

・手元に意味のないもの(図形の難しい問題や、入試に関係のない学校のワークなど)が広げてあったら大変マズいです。

もう一つは緊張感のない人。

・あと何日だと思ってんの!とツッコミたくなるぐらい危機意識がなく、

・余裕からか、または集中力不足からか、勉強をやらない、またはやる量が少ない人。

この2パターンは、たとえ偏差値が足りていても非常にデンジャラスです。

その点、この女子は、

・笑顔で偏差値の話に答え、→心にゆとりがある!

・社会の一問一答をやっていました。→即、得点になるところ!

だからそのさまを見て安心したのです。

本番まであと2週間。。。

その辺をよくよく注意して見ていかないとな。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR