入試まであと2週間!①

月曜日、午後5時半の小学生↓

DSCN0050.jpg

太白区からお越しで、「中学準備講座(全7回)」の体験学習に来ている小6男子のお母さんと逸見さんの立ち話が聞こえてきました。

なんでも下(小4)のお嬢さん、2回の体験学習が終わり、授業がとても楽しかった。この日、お兄さんと一緒にまた来たかったという内容で、わくわく文庫の読書も楽しかったし、先生にたくさん褒めてもらったことがうれしかったとのことでした。

いやー…そういう意見をもらえると働いている方はパワーが出ます。
どうもありがとうございます!

******************

通路に出ると、多くの人が自習に来ていました。

DSCN0049.jpg

DSCN0048.jpg

手前にいた一高生、ファイルから数学のテストがひょこっと顔をのぞかせています。

「先生、ちょっと見てくださいよこれを…」とテストが言っているような気がしたので、彼のファイルに手を伸ばして中身をそ~っと取り出すと…

「はあ?55点?これは100点満点なんだよな」

「あ、はい…(笑)」

隣にいたマシーンも同調して言いました。
「僕もひどいです(笑)」
「何点?」
「60点台で…」

問題を見るとどれも基本問題。

(増中、名取二中の1位がねぇ…兵どもが夢のあと…か…)

たぶん習いたてで出されたテストだからこんな得点だったのだろう。でもここは言っておかねば。

「はあ~~~っ」
私は深くため息をついた後に言いました。

「お前ら…これは超基本だぞ。こんぐらいは余裕でできないと。貧弱すぎる!もっと勉強しろよ」
「いや~…ハイ…」

*****************

全体をぐるっと一周。

三高を受けようと頑張る女子生徒↓
大変ストイックで、考えてもわからないところが出ると積極的に質問を持ってきます。

DSCN0036.jpg

先ほど私のところに持ってきた「低気圧と前線の関係」は基本も基本で、一瞬これを知らないのかと驚きましたが、そういう感情を表に出してはいけません。

私は机にあった裏紙を手に取り、前線の断面図を書いて仕組みを丁寧に説明してあげました。

*****************

角を曲がると市工を受ける男子が社会をやっていました↓

でも勉強のやり方を見るとあまり良くありません。

「そこの分からなかった問題なんだけどさ」
私はすぐに声をかけました。

DSCN0037.jpg

「分からないところは答えを書いて終わりにしてはダメだよ。
間違ったら問題番号横にこういう風にバツを付けるの。
そして明日また解く。ダメならまた明日。
そうやってマルになるまで何回でもかかっていくんだ」

*****************

前期で受かった人には、この時期、数学の図形をたくさん解くように指示しています↓

DSCN0043.jpg

中3はこの日授業がありません。
なのに合格後もこうやって自習に。
偉いもんだなあ…と感心していると、イライラしているのか、女子は鉛筆で机をカンカン叩き始めました。

「どうした?分かんないの?」
「全然わかんない!」

「ええーっと、ここに一本線を引いてみて」
「はい……」

「そしたらほら、ココが直角三角形になっているから…」
「あ!わかった!」
「声がデカいよ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR