穴の修復が一番!

午後3時―

小学生の教室に入る。
「だからここはこうなって…」と一人一人に丁寧に教える先生方。

CIMG2424.jpg

小学生はちょっと目を離すと手が止まってしまうので、こうやって個別に教えます。

CIMG2423.jpg

自習スペースに出ると、校内試験真っ最中の高校生が勉強していました。

CIMG2426.jpg

後期入試まであと2週間。中学生もやっています。

CIMG2428.jpg

CIMG2429.jpg

学力トップクラスのある男子、何の勉強をやっているのかなと手元を覗くと…

冬期講習のテキストで間違えたところの解き直しをしていました。偉い!

その後の授業の冒頭、私はクラス全体に向かって言いました。

「後ろに並んでいる図形のプリント、1枚ずつ取ってやってもらうけどどれも難しい。

前期合格者はこういうものこそ、今じっくりやってもらいたい。

なぜなら高校数学で図形ができない奴は、中3の相似三平方でつまづいているケースがほとんどだからね。

今、『できない』『見えない』と言っている人は、高校生になっても問題ができないし補助線が見えない。

だから受験から解放された今はこういうものにじっくりあたってぜひ脳みそを耕してもらいたい。

一方、後期試験を控えている人!

こういう図形問題は劇薬だ。

こんなものを今ウンウンと考えるのはやめてもらいたい。やって1日1枚だな。

それよりもほかのもの、例えば社会の用語チェックとか、数学だと以前やった問題のバツの解き直し、こういうものに真剣になってもらいたい。

さっき自習していた○○の手元を見て感心した。

やつは冬期講習のテキストを開いてバツの解き直しをしていたんだ。

トップ校を受けようというやつが、中1の3学期に習う最頻値とか中央値のバツを確認しているんだぞ?

いや~…メッチャ大事!

みんなも新しい問題に次々取り組むのではなく、自分の穴の修復に努めること。

これが受かるための一番の方法なんだ。後期を受ける人は以上のことを徹底な!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR