緊張したー!

昨日のラジオ番組。

今時ラジオを聞く人は少ないし、昼間の放送だから生徒に聞かれることもないだろうと思って気楽に出かけると、直前に知り合い数人から頑張ってねというメールが私のケータイに届きました。

しかしあれ…、不思議ですね。

「頑張ってください」
「肩の力を抜いて楽に」
「先生は面白いからとても楽しみにしています」

なんて言葉は相手に逆の効果を与えるということが自身の身をもってよ~くわかりました。

「頑張ってください!」を見れば、頑張らないといけないんだな…と思って体が硬くなり、

「肩の力を抜いて…」を目にすれば、肩に意識が集中して逆にみるみる肩に力が入り、

「楽しみにしています」を見れば、面白いことを言わなきゃいけないんだなと思って頭の中はグ~ルグル。

もうね…なんというか、放送開始直前には体がカチコチになって、誰か自分をさげすんでくれないかな…なんて思ってしまいました。

しかしこれ、あとから思ったのですが、なんか受験に向かう生徒たちの境遇に似ていませんか?

「頑張ってね」
「力を抜いて楽に」
「あなたは実力があるから大丈夫」

なんてことを周りはよく言いますが…、もしかしたら逆の効果を生んではいないかな。

中3女子がよく言うセリフの「無理!絶対受からない!」というアレ。

今まではそれを聞けば「そんなことないよ、あなたは偏差値が超えてるから大丈夫」と励ましていましたが、そういわれると逆に力が入っちゃうなんてことはないかな。

もしかしたらただ言いたいだけなのでは?

言って不安を発散みたいな。

私が放送直前に思ったように、ほっといてほしいわ!さげすんでくれ!(注…Mではありません)みたいな感情がもしかしたらあるのかも…。そんなことを考えてしまいました。

ところでこのFM名取(80.1MHz)、通称「なとらじ」というのですが、

震災のときに緊急連絡用に国が作ったもので、放送局ができてまだ5年ほどということでした。

現在はNPO法人となり、地震関連以外にも様々な番組を放送しているとのこと。良かったら聞いてみてください!

**********************

今日は朝から動画の撮影。

一昨日の前期入試の解説を作ります。

ここで塾生にお知らせ!

今日の夕方には塾のタブレットで前期入試の解答解説を見られるようにしておきますので、質問がワンサカある人はぜひ参考にしてください!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR