ケアレスミスへのアドバイス

中3↓テスト形式の入試予想問題を演習中。

CIMG2378.jpg

Aクラス↓
先日届いたみやぎ模試ではほとんどの生徒が成績を伸ばしたとか。冬期講習の成果があってよかった!

CIMG2382.jpg

Sクラス↓
巡回中、1番の(1)でもう間違えている生徒を発見。
気づけ~気づけ~と念を送るも伝わりません。

CIMG2379.jpg

巡回中気づいたことがあります。
それはケアレスミスをしている人の共通点。

一言でいうならば、進むスピードが速すぎるんです。。。

速度が出過ぎているからカーブを曲がり切れずに交通事故を起こしてしまいます。

時間はあるんだからもっと慎重にやんないと。

例えば(1)を解いて解答欄に答えを書いたらすぐに(2)へ飛ぶのではなく、

符号は大丈夫かな、約分は大丈夫ね、記号で答える問題だったよな…と、少しでいいから間を取ってもらいたい。これが凡ミスの発見に大いに役立つんです。

この「間」…「待てる力」とでも言いましょうか、どの分野においても私は実力者ほどこの能力を持っていると感じます。

満塁の大ピンチで打者を追い込んだ後、1,2球様子見のボール球を投げて待てるピッチャーは大概エース級です。

三球三振!となればカッコいいけど、彼らはそううまくはいかないことを知っている。ダメなピッチャーほど功を焦って勝負に行ってやられてしまいます。

相撲を見ていても、弱い人ほど早く決めたがる。

将棋で、まだ中盤なのに飛車を切って無理攻めをしてきたり、麻雀で、こうなったらもうオリられないと危険牌をバンバン切ってくる遠藤君を見ていると、やっぱり弱い者ほど場を待てずに早く結論を出したがるものだなあと思います。

私は学生のころ、ケアレスミスを抑えるために、試験で「ハイ始め!」と言われたらまずは周囲を感じるようにしていました。

問題用紙を勢いよくパッと開く音、鉛筆が机にカタカタ当たる音を聞き、ああ、みんな慌てているなと感じ取る。

時間にして10秒ほどですが、これで随分楽に慣れたし、心理的に上に立てたものでした。

頻繁にケアレスミスが起こる人は、スピードを出し過ぎているケースが多いです。ちょっとでいいので心にゆとりを持ちましょう。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR