スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女の違い

ナンバースクールに通う高1男子ら。

学校のサポートはいいのかい?聞くと、それは自分でやるから大丈夫。いつもの(センター試験過去問)をやってくれて構わないとのこと。いや~頼もしいね。

CIMG2354.jpg

この半年でセンター実戦問題集を2冊分ほどこなしてきたおかげか、正解率は初めの30%ぐらいから75%ほどまで来ました。

確率と論証がまだショボショボも、二次関数がパッと見えるようになったのはデカい。

この調子なら数ⅠAに限っていえば東北大のボーダー85%は春には超えてくるだろう。

ただし、理系なんだから100%を目指さないといけません。

私はプリントにバツをつけながらつぶやきました。
「こんなのもできねえのかよ。ヒデーなオイ…」

それに対して3人とも唇を噛みながらニヤリと笑う。

「こんなのも…」なんて女子中生には絶対言えないセリフだけど(注※言ってないけど、顔が言っているらしい)、この3人にはオッケー。

彼らは、自分はまあまあ数学ができると思っているだけにそれを上からガツンと言ってくれる存在はむしろ望むところなのです。

もちろん私もそれを分かっているからののしるワケで…。

決して普段のストレス発散などではなく、心を痛めながら言っているのをどうか分かっていただきたい。

**********************

彼らの演習中、私は隣の部屋へ。

高2夏まで学年282人中281位だったものの、こちらで勉強を始めてから平均点を超えるようになったS高校女子。

その子に冬休み明けの課題テストについて結果を聞くと、彼女は笑って言いました。「数学7点だった!」

「な…ななてん?100点満点で?」
「そう!ハハハハ」

「笑い事じゃないだろ~」
「違うの!テストめっちゃ難しいんだよ!」

「とは言ってもさ…」
「いや、ウチの部活で一番頭いい人でも数学15点だったし。平均が7点ぐらいらしい」
「はあ?ホントかよ」

平均が7点なんて聞いたこともない。
いや~…コメントに困りますね…。

今度はお隣にいた仙台南1年女子に聞きました。「あなたは?」

CIMG2352.jpg

すると、数学は45点だったとの返答。

でもさっきのを聞いているから、45は良いのか悪いのか全く分かりません。

そこで平均を尋ねると、女子のですか?男子のですか?と不思議な質問が。

「え?なにそれ。男女で分けて平均取ってるの?」

「はい。男女に開きがあるからって先生が。
全体だと45ぐらいなんですけど~…」
「ふんふん」

「男女で分けると女子は30点台前半で、男子は50点台後半です…」
「な……なに……?」

絶句。

そりゃ経験的に女子が数学が苦手なのは分かっていたけど…そんなに開いてんの?

いや~…

まあ、中学生の時点で数学の男女差はハッキリあるからなあ…これも致し方ないのか…。

でもこれじゃあ一般論から言って男子の方が入試に有利じゃない?

…と思ったけど、でも「内申点」は男子よりも女子の方が明らかに上だからな。

う~ん…帳尻あってるのかねえ。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。