中2の冬期講習

昨日は中2の冬期講習最終日。

普段は英数中心なので、この講習では社会と理科をメインにたっぷり指導しました。

まずはSクラス。前回指導したとき生徒らが鎌倉時代を全然理解していないことが判明。

そこでストーリー仕立てでかなり分かりやすく指導したら(個人の感想です)、普段あまり話さない女子が帰り際に隣の女子にボソッと話しているのが聞こえてきました。

「今日で社会すっごい良くわかった。学校の先生は全然だから…」

(ふ~ん…あの子があんなこというとはな…
でも確かに今日のところは全然分かってない人が多かった。
やっぱり学校の授業がもう一つなのかな…)

そして昨日。

「前回、鎌倉時代に結構時間がとられたから他をやりたい。
…けれども社会が全然ダメだったよね。続きやる?」

と聞くと、みんなウンウンと首を縦に振り、

「室町から江戸の歴史、それに地理もやったら今日はそれだけで終わっちゃうよ?」

と聞いても、みんな「それでいい」という反応。

「ふ~ん、じゃあそうしよう!」

********************

授業の合間の休憩中、私は談笑しているいくつかのグループに入って実態調査を開始しました。

「いや~どいつもこいつも何も知らないね…」
「ハハハ…」

「社会がそんなにスッカラカンなのは学校の先生の教え方が悪いのか?」
「それもあるけど…、先生はほとんど雑談ばかりだから」

「ほとんど?何分ぐらい?」
「30分以上は雑談です」

「でもそれは社会に関係してるんでしょ?」
「全然!私生活のこととか部活の悩みとかです。それを私たちが聞いてあげるの」

あらら~…

********************

中2Aクラス↓

こちらでは、圧力とか地震の計算を講習中に毎回テーマにしてやっていたとのこと。

う~ん、大事だ。こういうことは学校が止まっている間のこの講習でしかなかなかやれません。

CIMG2321.jpg

数学の関数も↓

CIMG2323.jpg

明日はみやぎ模試です。力を出してほしい!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR