宿題をやらない男②

<前回の続き>

「よくも宿題サボったな!テメ~コノヤロー!(ボカッ)」
「痛~~!」

「お前、偏差値いくつだ(知ってて聞く)」
「え~…」

「何急に恥ずかしがってんだよ。ほら言えよ(心を鬼にして追い込む)」

「え~…57…」

「それで高専?ハン、ゼッテェ受かんねえよ(ヤンキー風に。慣れてないから大変である)」

「すいません…」

「お前が悠々合格圏なら俺もこんなに言わねえよ。でもお前、下回ってるじゃねえか(目を吊り上げて睨みつける)」

「ハイ…」

「偏差値57で60の学校に受かると思ってんの?お前、頭どうかしてんじゃねえか?(だんだん気持ち良くなってきた)」

「……」

「オレはな、バカなくせにやらねえ奴が一番嫌いなんだっ!やれよっ!(キマッた…)」

********************

18:00頃の自習風景↓

CIMG2286.jpg

********************

「あのさ…、○○ぐらいにもう余裕で偏差値超えているならオレもこんなに怒んないんだけどさ」

ここで、68ありながら63の学校に「絶対落ちる」と言って不安に駆られている女子の名前を挙げました。するとその女子はすかさず反応。「あたし、絶対落ちるから!」

「ハイ、出た~。お前は逆に少しサボっていいよ。ゆとりが必要だ」
「無理!もっとやんないと受からない!」

ああ、どうして毎年毎年、男子はダメで女子はまじめなんだろう。

「もう、お前とあいつで性格が入れ替わってほしいわ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR