予備調査倍率を見て

11/8(火)

この日、宮城県公立高校の予備調査倍率が出ました。

それを眺める生徒たち↓
それにしても…と毎年思います。。。

CIMG1970.jpg

倍率が気になるのはほとんどが女子だなあ…と。

しかも、「ヤバイ!なんでこんなに受けに来んの!」

「あ~あ、終わったわ!絶対落ちた」

と、総じて悲観的な意見が多い。→過去ブログ参照「倍率狂騒曲

CIMG1972.jpg

「良かったじゃん、二華は0.9倍だぞ」と励ましても、

これは嵐の前の静けさ。本番では絶対跳ね上がるからコワいと言います。

そこで、「大丈夫。去年もそういわれてたけど逆に0.77倍に下がったんだよ」と安心させるも、

「逆にイヤですよ!それでも1人、2人落ちたんでしょ?そうなったら超悲惨じゃないですか!ああ、あたし絶対そうなる~」と悲鳴。

ふい~…どっちにしてもダメじゃん。

CIMG1974.jpg

「絶対、前期で行きたい!」とまくし立てる西高志望の女子たちに言いました。「どうしてそんなに前期なの?」

「だって理科と社会できないもん!」
「早く決まりたいもん!」

なるほどー。でも、これだけ前期頼みでダメだったらどうなるのかな。心がポッキリ折れてしまわないかな。

なんとなく危険な香りがする…

CIMG1977.jpg

夜。

三高理数科の男子生徒らが笑って言いました。「ウチの科、今年は定員割れっスね」

CIMG1968.jpg

「へえ見たんだ。でもお前たち、よく三高に行けたよな。中1、中2の頃はヒドかった…」

「ですね、宿題なんか全然やらなかった。それで真田先生にメッチャキレられて」
「俺なんかBクラスに行ったし」

「お前たち、そのころ授業休んだことある?最近、翌日大会だからみたいな理由で簡単に休まれるんだ」

「ああ、それはないっスね」
「疲れてても親に絶対行けって言われた」

「ほう…。ところで、いつから勉強やるように変わったんだっけ」

「中3になってからッスよ」
「俺も夏からかな」

「倍率気にした?」

「いや、やんなきゃなんないことがいっぱいあったから」
「あんまり気にしてないッス」

はあ…今の中3に聞かせたい…

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR