中1だからこそ!

FROM:真田和之

秋も深まりましたね~。木々の葉もくっきり色づいてきました。

毎回元気な中学1年生。

CIMG1935.jpg

今は「次の試験に向けて」ひと休み気分なのかな??

でも、2学期期末試験までは1ヶ月をきっています。そろそろ準備を!!

最近の授業では10分くらいこんなことを行っています。

CIMG1939.jpg

脳トレというか、柔軟な発想で物事を考える問題。

CIMG1936.jpg

皆真剣に??取り組んでいます。(と言うより面白がって取り組んでいます)

先日、全国模試を実施するにあたり、生徒たちにこんな話をしました。

「数学は最後の方に応用問題がドンとあるけど、そこをしっかり考えられるようになるにはいろいろな問題に取り組んで訓練することが必要だよね。でも、もっと大切なのは発想力だと思うんだよ・・・。補助線を引いたり、作業することできっかけが見えるってやつね。」

そんな話をしながら、数学の規則性の問題やクイズのような問題を板書して解かせました。(英語の時間なのですが)

生徒たちは答えにたどり着くヒントを探そうと、ああでもないこうでもないと色々考えます。

CIMG1940.jpg

CIMG1937.jpg

これは非日常の刺激。

考えている数分間は、生徒たちの頭の中もグルグル回転しているはずです。

中1はまだまだ頭の中も柔軟だと考えます。

勉強の仕方もそうですが、より良い脳内環境にしていくために「中1だからこそ!」色々な刺激が必要なはず。

時には難問も与え、発想力が養われるように、しばらく継続していこうと思います。


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR