本日

2015/01/29

明日は私立高校の入試B日程。

今日はその準備のためにと授業を欠席、早退する中3が何人かいました。

005_20150129195621be3.jpg

007_20150129195624889.jpg

ただ、明日試験のない人や、公立入試までに理科社会をレベルアップしたいと考える人たちにもいるので授業はちゃんと行います。

006_20150129195623fd4.jpg

009_20150129195626550.jpg

個別指導の方では、中2の男子が体験授業に来ていました。

003_2015012919562786c.jpg

1日に英語と数学1コマずつというのは、初めての人にはちょっときついかもしれない…

授業後、担当にどうだった?話を聞いたら、やはり緊張していたとのこと。

英語が苦手で中1からさかのぼらないといけないかも…という報告なので、

学年末テストまではテスト範囲中心、もしその後継続してやっていくようなら、中1の英語からやるようにと指示を出しました。

学年末テスト後の2月中旬から3月末までの間は、学校の授業はほとんど進まないので、この期間は弱点対策にはうってつけなのです。


その後、私が中3標準クラスに戻って授業を終えると、目の前に座っていた女子が「先生これ見てください!」と社会の問題集を広げてきました。

DSCF1539.jpg

「先生!あたし、先生の言われた通りにやっていますよ!」

と言うのでよくよく見ると、なんと、ちゃんと問題番号の手前に○×マークがついています!
「おおっ!エライッ!」

先週の木曜日、受験まであとひと月と迫ったこの時期の勉強法について私は生徒らにアツく語ったのでした。

「もう一度基本項目に穴がないかちゃんと確認するんだ。

例えばこのテキスト。

みんな一度やって、わからないところは答えを見て赤ペンで書いたと思う。

だけど、みんなそれでおしまいになってない?

本当に何も見ないで答えられるまでになってるのかな?」

そういって、複数の生徒に問題を当てていくとやはり答えられない人が出てきました。

「ほ~らね。そういうことでは勝負にならないよ。

できなかったところは問題文の先頭に×をつけ、その3日後にもう一回やる。

できたらその横に○、できなかったら×をつける。

そうやってオセロのように×を○に変えていくんだ!

しつこく、しぶとくやることが大事!とんでもない効果があるからね!みんな絶対やってよ!」

とは言ったものの、本当にやってくれるのかな…と思っていたら、この女子は一週間の間にまさに私の言ったことをやってくれていたのでした。

「おおっ!エライッ!
どうだ?タメになってると思わない?」

「ああはいっ!メッチャタメになってます!わたし、この一週間でものすごく頭に入りました!」

「おお、それは良かったなぁ♪引き続き頑張れよ!」

DSCF1541.jpg
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック