木曜日 高校個別指導

FROM:遠藤

高校生は今週来週と定期テスト期間です。

テスト前には高校生から多くの質問を受けますが、特に多いのが数学の質問です。

今週の木曜日もテスト直前であわててテスト勉強をする高校生をサポートしました。

20141127高校個別 006

私が受け持ったある生徒は数学が大の苦手で、
学校の数学の授業中には毎回先生に怒られてしまうそうです。

怒らなくてもいいじゃんねと私がフォローを入れると、

「しょうがないんです。だって友達にも怒られるもん、『何でこんな問題も分からないの!』って」

どこか開き直っているようにも聞こえますが、塾で数学の問題を解いている時も「あー、もう!」と声を荒げることがあり、本人は危機感を感じています。

この生徒の数学のひどさには何か手を打たなくては、ということで前回のテストが終了してまもなく今回のテスト用に対策を立てておきました。


対策といっても何か特別なものをというわけではなく

教科書の内容を一から丁寧に説明し

宿題を大量に出す。

そして、授業日とは別の曜日に塾に来て宿題を自己採点。

要するに問題をたくさん解いて、自主的に勉強できるシステムにしたわけです。


20141127高校個別 005

これを始めた当初は苦労しました。

前の週にやったことの半分は忘れているし、学校で習った内容も一から説明してあげなければ先へは進めない。

私も指導しながら何度怒りそうになったことか。
(学校の先生や友達のみなさんへ、心中お察しいたします。)


ただ、このやり方を始めてから1か月経過すると状況が好転しました。

一から十まで説明しなければ解けなかった問題が、五までの説明で済むようになり

その次の週には一言ポンと助言をしただけで、「あっ!」と声を出し慌てて解答を書き始める。

そのまた次の週には説明なしでも解けるようになっていました。

(これで友達には怒られずに済みそうだな)

この調子で本番のテストでもいい点数をとってもらいたいものです。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR