「お母さんは怒んないの?」

小5の算数は角度に入りました。

002_20140828180854c40.jpg

図形はくせ者です。
「ここを求めたかったら、90度からこれを引けばいいんじゃない?」

と説明して、「ああ!」となればいいのですが、「???」となるとちょっとまずい。

こうなったら、問題を解く方も、説明する方も根気強く取り組んでいかねばなりません。

003_201408281808555d5.jpg

001_20140828180852546.jpg

ところで、今日はお盆が明けて2週目の授業。

通常授業はひさしぶりなので、前回出した宿題がきちんとやってあるかチェックすると、やってる人とやってない人が…。

005_20140828180857fbd.jpg

やってない人(おもに男子)に「あら~ダメだろやんないと…」と苦言を呈すると、みんなバツ悪そうに「いやーあのー…」とモジモジ。

「お母さんはこれ見て怒んないの?」と何人かに聞くと、

「はい。ウチのお母さんはこれを見ないから!」
(えー?見て関心持ってくださいよ…)

「お父さんとお母さんに『なんでやってないんだっ!』ってメッチャ怒られた!」
(お前にはそのぐらいやんないと効かないもんね…)

「お風呂入って寝る前にもうちょっとやったらって注意された」
(具体的な指示でいいですね)

と、いろんな反応が返ってきました。

最後に、お母さんにモノを投げられてから(※)生まれ変わったようにやるようになった生徒のところへ行き、
過去ブログはこちら

宿題ノートを見ると、今日もきちんと宿題欄が〇になっていました。

「おー!すごいじゃん!3日坊主で終わると思ったら違うね!」
「いやーはははー」

「最近、お母さん機嫌いいんじゃない?ほめられた?」
「ほめることはないです笑」

「ふ~ん。それにしても…やっぱモノ投げって効くんだなぁ!」
「ええまあ。当たったら危険ですからねー」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR