勉強とスマホ

昨日、文部科学省から今年度の全国学力テストの結果が公表されました。

膨大な資料の中で私が目を付けたのは、

「次の児童生徒ほど、教科の平均正答率が高い傾向がみられる」という点。

普段勉強を教えている身からすれば、どうやったら生徒の点数が上がるかというのは何よりも知りたい情報です。

それによれば、

〇勉強に対する関心・意欲・態度が高い
〇学習時間が長い
〇自分で計画を立て勉強する
〇予習復習をする
〇読書が好きで読書時間が長い

みたいな、当たり前の情報もあれば、

〇朝食を毎日食べる
〇毎日同じ時間に寝る

という基本的生活習慣の話もあり、ほかには

〇家の人と学校のできごとについて話をする
〇家の人が授業参観や運動会に来る

という、私が自分の子どもに全くやれていないことがらや、

〇携帯、スマホで通話・メール・インターネットをする時間が短い
〇テレビゲームの時間が短い

という、最近よく言われるネット依存に関わる事項まで調査されていました。

その中で一番うなったデータがこれ↓

********************

「普段(月~金曜日)、1日当たりどれくらいの時間、携帯電話やスマートフォンで通話やメール、インターネットをしますか?(ゲーム除く)」

小学生結果

中学結果

********************

ま~キレイな階段だこと!

小学生も中学生も、国語も数学も、スマホをやればやるほど軒並みダメじゃないですか!

ってビックリしていたら、アレ?と不思議に思うことが。

質問文に「ゲーム除く」って書いてあります。

パズドラとかのスマホゲームに熱中している人はたくさんいるのにそれは除くんだ…(何で?)

ってことはあれか…LINEか…。

小中生でゲーム以外と言ったらほぼこれしかない。

ウチの塾生にもLINEマスターはたくさんいるが…
あいつらは1日どのぐらいの時間LINEをやってるんだろうか。

まさかこのグラフにあるように4時間以上ってことはないと思うけど…

あれってグループでやってると数分もしないうちに着信音が鳴って、ときどきをそれを見に行って、返信しなきゃってなって…ということを繰り返しているうちに合計すると結構な時間になっているんですよね。

先週の昼間、どの学年か忘れましたが塾に来て自習や読書をしている生徒がいました。

珍しい人だったので、これまたどうして来たのと聞いたら「家にいるとLINEがうるさくて…。常に音が鳴って、いろいろ中断されるから」とその生徒。

う~ん…分かる気がする…。

ゲームだったらまとまった時間やって電源切ったらそのあとはもう何もないけど、LINEとかだとちょこちょこが終わりなく続くイメージがあります。

もしそうなら勉強や生産的なことを集中して行うことは難しいでしょう。
文科省はそれを問題視して「ゲーム除く」と言ったのかも…。

ちなみに塾では、昨年から教室での端末使用を禁止にしています。(送迎の連絡除く)

さあ、勉強、勉強!

中高個別指導↓
002_20140826215553c62.jpg

中3特進クラス↓
004_2014082621555511e.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR