宿題はやらなくていいよ

中3は今週末に模試を行います。

ちなみに11月、12月、1月の最後の3回は、生徒にとっては合格判定の重みが増すようです。結果を受け取ったときの生徒の反応がそれまでの回とは微妙に違うのを毎年感じます。

夏から秋にかけては合格判定がDとかCでも「まだまだこれから!」と思えますが、冬になるともう先は少ない。だから一回一回が切実になるのでしょう。

だからこそ、塾としては今回は良い結果を出してもらいたい。偏差値や合格判定が上がれば、このあとの勉強がますますノッてくるのは例年の生徒を見ていて分かります。

ということで、先週末は特進クラスのメンバーにはいつもより多めの宿題を与えました。

次から次に渡される宿題プリントに、「え~今回多くない?」「え~まだあるの?」「多いー!」という声が聞かれました。

「多い?そりゃあ来週模試だからね」

「えー!でもこれはちょっと…」

困った顔の女子たちが互いに顔を見合わせます。私はため息を一つつきながら言いました。「あーそう。ならやんなくていいよ。」

すると女子たちは「えっ?」という顔でこちらを見ます。

「いいよ別にやんなくて。

 例えばこのプリントはね、誰だったっけ…ああUさんか。

 Uさんが英語の第二問が弱いと言うからほかのみんなもそうだろうと思って作ったんだ。実際みんな弱いよね、ここ。

 英語のこの部分だけに4枚も…ってのは普通はしないけど、来週の模試のためになればと思って用意したの。」

そう言って女の子たちの顔を見渡します。Uさんはありがたそうにしていましたが、困った顔の女子たちはあまり納得のいっていない顔に見えました。

「だからさ…、別にこれ、やんなくていいって。

 大体『宿題』ってさ、本当はなくていいものなんだよ。

 最近一高も宿題を出すようになってね、俺は悲しくってたまらない。あれもやれ、これもやれってさ…。

 いらねーって。俺は俺で懸案抱えて生きてんだ!関わらないでくれって思うよ。」

「ケンアンってなに?」

「はぁ~…懸案も分からんか…。抱えている課題のこと。オレが高校のころの一高は宿題なんてなかった。

 俺はありがたかったよ。どうしても解けない数学の問題を常に抱えていたからね。宿題なんて出されたらそれをやるヒマないじゃん。

 あのさ…、家で勉強を全くやらない人…、一般的には成績が良くない人かな?

 そういう人には宿題はあった方がいいと思うよ。だってやらないんだからさ。そのまま放っておいたら落ちるところまで落ちてしまうもんね。

 でも、一高でそれをやっちゃいけないよ。それじゃあ、指示待ち人間を育成してるようなもんじゃん。でもまあレベルが低くなってそれどころじゃないのかもしれないけどね。

 ほかの例ではお前たちの中学校もそう。いやー去年はビックリしたなあ。
 
 〇〇中の英語の宿題なんだけどさ…、単語練習のプリントで、左に『pen』と書いてあって、隣に10回練習しないといけないってやつ。」

「あ、そうそう!〇〇先生だ!」
「あれはメンドクサイよね」
「でもやんないと内申点に響くし…」

「はい、出た、内申点。ホントこれには困ったもんだけどさ…

 まあでも内申はちょっとおいといて、受験も差し迫った2月ごろの宿題としてそれはどうなの?いいだろやんなくて。そんなの自分で判断しろって話だよ。

 だからさっきオレが出した宿題もさ…、

 『先生!4枚のうち1枚はやりましたがほかはやっていません。私は理科の飽和水蒸気量と歴史の江戸時代が苦手で、土日はそれを集中的にやってました。』

 とでも言ったらさ…、俺はきっと涙を流して喜ぶよ。『ああ~、ちょっと見ないうちにこんなにたくましくなって…』って。」

「なにそれ、キモい!」

「出た、キモイしか言えない単細胞生物。いいなあお前は分裂ができて。オレも分裂して自分のコピーに授業をやらせて休みたいよ。」

「ふふふ」

「とにかくさ、宿題が全てと思うなよ。自分にとって今何が大切なのか、人から言われずとも分かるでしょ?それをしっかりやれってことだ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR