入試に有利?―ボランティア―

<前回の続き>
「キミが志望の大学に推薦で行くには評定がわずかに足りない。あと一か月で何とかするにはもうボランティアしかない!」

部活も生徒会も文化活動も特にやっていなかったその生徒は、担任の先生にそう言われ、言うがままに、ある老人ホームへ2週間ボランティアに通いつめ、そこの館長から終了証をもらい、それを入試提出書類に入れ、見事推薦合格を果たしたのでした。

私はニコニコ顔で合格を報告に来た生徒へ言いました。

「自分の得点にするために老人ホームへねぇ…そして『推薦』でねぇ…」

「そうそう!わたし、高校から『推薦』されるぐらいいい子ってこと!」

「はぁ?どこがだよ!お前さ~、そもそもボランティアってどこかに証明書を出すためにやるものなの?」

「しょうがないじゃん!私にはこれしか道は残ってなかったんだからー!」

と、こんな感じで、今やボランティアは合格戦略の一つでもあるのです。

私の知っている生徒で、大震災後に来る日も避難所を回り、熱心に人助けに励んだ生徒がいますが、彼はまさか「前期試験のため」に行動したわけでも「証明書」なるものを手にしたわけでもあるまい。

それでも受かるためには使えるものは使えと、あの生徒は前期試験でアピールしたのだろうか。
「私はボランティア活動として避難所回りをしました」とか。

大体ボランティアとかって自己アピールする性質のものじゃない気がするのですが…。

*******************

さて、高校教諭の友人との電話。

ちなみに「後期」の話も聞きました。

「大体前期は分かった。ところで後期なんだけどさ…あの『相関図』…なんとかならんのかね。ウチの生徒で校内テスト470点、内申3.5ってのがいるんだけどさ。」

「ああ、はいはい…」彼の受話器口の声のトーンがやや下がりました。

私が次に何を言おうとしているのか・・・おおよそ察しがついているようです。

「これじゃあ南とか向山は…キツイよな」

「う~ん…ま…ダメだわな。。。」

予想通りの答えでも、やっぱりコタえるこの事実。。。

「だから、それなんとかしろって!おかしいだろ!優秀なやつが進学校へ行けないなんて」

「…同感。中1、中2でガンガン部活やってさ、中3夏に引退してから死ぬほど勉強やって成績上げてもね…受からないからね…。

そもそも内申点に何の意味があるのかって。例えば平均評定4って言ってもさ、中央の4と地方の4では全然違うからね。高校入学後『なんでこんなの取ったんだ!』っていつも大騒ぎだよ」

「はぁ~~…。いっそペーパー試験オンリーにならないかなぁ。試験だけにしたら、こんなに平等なことないのに。世の中の試験すべてそうだろ?」

「でも中学で評定がいい子は、結果的に高校でも評定いいから大学に推薦で行けるんだよな」

「評定ね…。勉強が苦手な子はそれでいいよ。試験じゃなくて、むしろ普段の姿勢とかで評価して構わないと思う。

でも、平均より上の連中はね…。少なくとも偏差値50後半より上の学校はさ…、普段の行いとかじゃなく、当日一発、試験とかの実力で評価しないと国際競争に勝てないだろ。どんな資格試験もそうであるように。」

「だよな…」

「テストのみなら、ダメでも受かっても、生徒の得るものはハンパないと思うんだ。その後の人生にその経験が大きく作用すると思う。けど…相関じゃダメだ…。何がダメなのか曖昧だからね…。」

と、こんな会話を数分続けて切りました。

彼も、権力者たちに今のシステムをなんとかしないと…と、ことあるごとに訴えているようですが、当分変わらないでしょう。だからこそ、中学生には実技科目などで内申点を落とさないよう言い続けていかないとと思いました。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR