社会はカネで動いている

中3に社会を教えていたときのこと。

「…ということで、マレーシアは輸出のメインが天然ゴムから
 機械類に変わっていったわけだが…」

そこであたりを見回して言いました。

「どうして機械なんだろ?」

すろと、どうしてって言われても…みたいな表情を見せる生徒たち。

社会は暗記だとよく言われますが、

「マレーシアの輸出1位は『機械』。はい覚えましょう!」

と言って覚えられるものではないため、記憶させるには彼らの感情に訴えかける必要があります。

「農作物じゃあね…豊かにはなれないんだよ。

 だから彼らは考えたんだ。『どうして同じアジアなのに日本はあんなにリッチなんだろう?』って。

 そして気づいた。農業じゃない、工業だ!ってね。

 だからね…機械を売るようになったのは…カネがほしいからなの。

 豊かになりたいから日本をまねて機械作りを始めたんだ」

それを聞き、ニヤリとする彼ら。

その後、授業はアメリカの話に移り…

「…ということで、南米からの移民をヒスパニックと言うんだ。

 …ところで、なんで彼らはいちいちアメリカへ引っ越すの?」

と、ある男子に疑問を投げかけると、彼は微笑しながら言いました。

「……亡命?」

「えっ?ぼ…ボウメイ?」思わぬ答えに、こらえきれず大爆笑。

「お…おまえなぁ…、ロシアの科学者じゃないんだからさ…亡命はないだろ!それじゃなにかい、ヒスパニックは誰かに命を狙われてんの?CIAあたりに『亡命を頼む』って依頼したりして?あー腹イタイ…」

全員が爆笑する中、次の人に当てると、

「えー…引っ越したい…から?みたいな…」
「だから、それがなんでアメリカなんだよ」
「えーわかんない…」

「はい次の人っ!」
「えーっと…逃げ…た?」
「逃げたぁ?…いったい何におびえてるんだよ!違う!はい次っ!」

そうやって次々当てるも答えは出ずじまい…。

「だから…さっきも言ったろう?カネなんだよっ!
 アメリカンドリームをつかむためなの。」

それを聞いてまたまたニヤリとする彼らたち。
中には「うわー…」と言って、あたりとヒソヒソしながら、人をさげすむような眼差しを送ってくる人も…

「ちょっと…なになに?
 なんか俺がいやらしい…みたくなってんだけど…」

その後、日本地理の促成栽培の話へ…。

「…というわけで、高知や宮崎は温暖な気候とビニルハウスを利用して…はい、このあとは誰かに言ってもらおう」

そういって、ある生徒に当てると、

「はい。え~っと…冬に野菜を大消費地に向けて出荷します」

「ほう、素晴らしい。
 『大消費地』なんてなかなか言えないよ。さすがだねー。
 ただ、ひとつ重要ワードが抜けてるな」

そう言って再び当て返すも、なかなか思いつかない様子。

そこで「どうして冬なの?」とヒントをやると、

その女子は、あっ!と言って、笑顔で答えました。
「冬は利益が大きいから」

「そうそう。テストだったら『もうけの大きい冬に大消費地に出荷』と答えなければならない。
 つまり何のためかというと?」

すると、全員が笑いながら一斉に言いました。

「カネのため!」

「そうだ。よくできたな^^。
 去年、この問題やったら、『冬に食べたい人もいるから』とか『みんなに分けてあげるため』みたいな答えがあったけど、そんな幼い少女のような答えはやめてね。世の中、カネで動いてんだから。」

あたりは相変わらず笑いに包まれていますが、手前の男子生徒が隣に耳打ちするのが聞こえました。

「今でしょ!の先生がいるけど、工藤先生はカネでしょ…だ^^」

「おいおい、だから俺じゃねえって!
 そういうのやめて!
 世の中の話してんの!
 言っとくけど、俺はカネなんかより上がいっぱいあるから!」


…えっ?なにかって?

え~…たとえば、なんだろ…

…そりゃまあ…ええっと…ええっと(ああダメだこりゃ…)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR