校内テスト成績アップ

 中1、中2は、目標達成意識を持たせるために、校内テストの成績が大きく上がった人を表彰し、その人たちにささやかなプレゼント(クオカード)を贈っています。

前回の校内テストで大変がんばった人は以下の通りでした!

<中2>
★1学期13位⇒今回7位
 中一2学期の、数学・社会50点台からは完全に脱却。トップ校へ視野が開けてきました。
「次は1位をよろしく」と言うと、「無理ですよー!」と、はなっから否定し、だって3位以上はすごい人たちで到底かなわないということをしきりに語ります。う~ん、中学レベルで全っ然そんなことはないんだけどなー…。
 今週末には、もう期末試験。もう20回以上やっている関数の動点問題が克服できれば3位以内も十分食い込めるよ。

★中一学年末289点(64位)⇒中二1学期末370点(53位)⇒今回361点(37位)
 今年春入会。中1のころ35点だった数学が、今では本人最大の武器に。性格がマイペースなためか、焦りや欲がありません。「北高でいいや」なんて言ってないで、早く英語克服して特進クラスに上がってこい!

★1学期9位⇒今回4位
 中1の最初19位から始まり、ようやくここまで来ました。問題集を解いていて、当たったかハズれたかということばかり気にしていた、性格上の最大の難点が、ここにきてようやく改善されてきたのが要因かな。
 授業では、問題の解き方の方針だけを示し、あとの式と答えはわざと言いませんでした。すると、
「先生、結局ウチの答え当たってるんですか?」と。
「さあね、方針は分かったんでしょ。」
「はい。」
「それならあとは、キミの立式の力と計算力なら、無事に答えまでたどりついているよ。」
「え~!でもハズれてるかも…」
「あのな、今は練習なんだから当たったかハズれてたかなんてどうだっていいんだよ。理解できたかどうかを一番に考えなさい。もしあなたの答えが解答と違ってたらね、それは解答が間違ってるよ。」
そう言って、性格改善させること1年…。時間がかかったが、ようやくここまできたか…。

★1学期256点(128位)⇒今回328点(88位)
 1学期19点だった数学が、今回は51点に。相乗効果で、理科28点も71点に!
 最初はものすごく手がかかったけど… ⇒ Blog集中治療室参照
 よかったなー!うまいことやる気も引き出せたので、これからが楽しみです。

★今回471点(1位)
 5科目、8科目で1位なんて素晴らしい。目標達成により、はいプレゼントをどうぞ!

★前回271点⇒今回329点
 中1の最初のテストが209点。落ち着きがない年齢に加え、天然系なため、基本的に人の話を聞いていません。それでもちょっとずつ…、なんとか離されずに270点台まで来ました。私ではなかなか手に負えなかったこの生徒も、ベテランのクラス担当講師がうまく心に火をつけてくれた結果、念願の300点台を突破。
「こないだの夕食後そそくさと2階へ上がっていったので、落ち込んでるのかと思って様子を見に行ったら、うるさくて勉強ができないですって」とお母さんもビックリの変わりよう。「俺は天才だ!」なんて言ってないで、次もがんばれよ。
 

**************

<中1>
★前回392点(48位)⇒今回394点(25位)
 中1の1学期は問題が簡単なので平均も高いです。なので、順位を見てみないと良くなったのかどうかよくわかりません。で、結果ですが、順位が半分ほどの数字になっているので今回はよくできたのでしょう。前回80点を割っていた国語と数学が改善されたのは良かったです。宿題を毎回まじめによくやってくるのでいいですね。

★前回340点(78位)⇒今回379点(31位)
 口数が少なく、いつもニヤーッとして表現力が足らないあなたが、今回はがんばりましたね!宿題をよくやってきてくれるからですよ。これにコミュニケーション力がつけばもっと上を目指せるんだけどなぁ…。がんばってしゃべろう!

★前回433点(46位)⇒今回418点(29位)
 プレゼント対象になるのかどうかちょっと迷ったが、まあ20人ほど抜いているわけだから今回はとりあえずプレゼントします。頭の回転がずば抜けて早く、瞬間的な集中力には目を見張るものがあるが、ちょっと暴走するのが玉にキズ。「お前の能力をもってすれば5位以内くらいはた易い。次でいけよ!」という圧力に、「はい!わかりました!」と素直に受け止められる点も能力の一つ。将来期待大。

★前回464点(15位)⇒今回454点(7位)
 個別指導の生徒ですが、家庭学習がしっかりできているのでこの実力も納得。結果報告後、真っ先にプレゼントを要求するところもしっかりしてます。次はトップを!
プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR