速読は大学入試にも不可欠!?(1)

大学入試センター試験の英語の総語数は4年前から激増しました。
(教学社「センター試験過去問」からデータ引用)

英語語数変化

それまで十数年ずっと3000語程度だったものがここ数年で一気に4000語オーバーですから、増加スピードは尋常ではありません。

理由としては、2006年度のTOEIC(世界基準の英語の資格)の改変が考えられます。

『できる人のTOEICテスト勉強法』(中経出版)の著者である中村氏は、改変で「問題数が増え」、これからは、

「短時間でざっと文章を読んで趣旨をつかむといった、いわばスキミング力」が必要で、

「学校で勉強してきた1つひとつの文を丁寧に読み解く長文読解力とは異なり、必要とされる勉強法も変わります。」と語っています。

英語が十分にできる人でも、文字を速く読み込む技術が身についていないと最近の入試は時間的に厳しいことになります。

当教室の速読聴コースの生徒を観察すると、開始から半年~1年で、文字を読むスピードが並の人の1.5~2倍位になっているようです。

「情報処理能力」が十分備わっていれば、あとはじっくり英語の勉強に専念できますね。
プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR