悲しいおつかい

新人戦のため、今日は中2授業がお休み、明日は中1がお休みとなっています。

中3は夜18:50~21:20です。ご注意ください。

**************

昨夜12時―

生徒が全員帰り、私も名取と五橋両方のブログを書き終え一日が終了。真田、加藤と一緒に教室を出る。

「お二人とも遅くまでご苦労様、明日の中2はお休みですね、ゆっくり休養を取ってください」


教室の外に出ると、、、空気が冷たい。

「うわ~…寒い」
真田さんが体の前で腕をクロスさせて両肩を抱える。

「加藤さん、半そでだね」

真田さんが笑うと、「大丈夫ッス」と加藤さん。私も笑う。


車に乗った。

ふぅ…と一息吐き、今日は忘れないぞと誓う。帰りに絶対寄っていかねば。

車を走らせて数分、24時間営業のスーパーに寄る。

台車に買い物かごを設置。そのまま飲料コーナーへ向かった。

卵とか牛乳は家の近くで調達できるが、ジュースなどのペットボトル系は重たいので月に数回はこうやって車でまとめ買いするのである。

棚の値札を見る。

1.5リットルのコーラが137円。安い。かごに入れる。

長男が好きなジンジャーエールも入れた。サイダーも買っておこうか。

炭酸ばかりじゃアレだな…、そう思ってオレンジジュースとアップルジュースも入れた。

次男の顔が浮かんだ。あいつはカルピスが好きだったな。

しかし、小6にもなってカルピスって。クスッと笑いながらかごに入れた。

1,2,3,4……本数を数えた。一度にビニール袋に入るのは6本までだろうな。

飲料コーナーを出た。カートが重くなっている。

ふと、総菜コーナーに目をやった。そういえば腹が減ったな。なんかないか…

そのとき、店員のオバさま二人が値札を貼り替えているのが目にとまった。

タイムサービスか。でももうほとんど商品が……

そのとき

「う…」

思わず声が漏れた。

寿司コーナーのマグロづくし。

マグロが10貫ほど、それに中トロらしきものとネギトロが1つずつ。

(うう……家に帰って缶ビールをやりながらこれが食えたら最高だ…)

値段を見た。1,000円。やっぱりね。

しかしその横に黄色い値札。

500円とあった。

ゴ・・・ゴゴゴ・・・ごひゃく円!

すぐに手に取った。

瞬間、思わず左右を見る。なんか犯罪をしている気分だ。

容器のプラスチックカバーの上から商品をじっくり見た。モノは全然悪くなってないようだ。

いや~こんなことがあっていいんだろうか。何てツイてるんだ。

遅い時間にここに来たのが良かったんだな。
してみるとブログを書いたからか。
きっと神様がご褒美をくれたんだろうな。

足取り軽くセルフレジに向かう。1台空いていた。

マイバッグは持ってきていないのでビニール袋を購入。

ピッ、ピッと手際よくジュース類のバーコードを読ませ、袋に入れていく。慣れたものである。

(よし、読み通り!)

袋はペットボトル6本でピッタリだった。7本目は入らなかったろうな。好プレー。

最後にマグロ寿司を読み取った。

しかし― 

どこに入れようか悩む。縦にしたらザザッと崩れる。傾けられないとなると…

そのとき機械から「銀色の台に商品を載せてください」の声。う~ん…

「銀色の台に…」

う~ん…

「銀色の台に商品を…」

分かったよ。今載せますから。

ペットボトル6本の上に寿司をそっと置く。

しかしキャップの先の6点で支えられているそれは見た目にもかなり不安定だ。

どうしよう。ビニール袋を一つ追加するかな。

でもたったこれだけのために、袋代を新たに3円?いや~それはないっしょ。

「銀色の台に置いたら商品から手を放してください」

機械がまたしゃべる。

「手を放してください」

う~ん…

「手を放してください」

わ…分かりましたよ!

恐る恐る、そうっと手を放す。

レジから機械音が鳴った。よし、認識した。

会計ボタンを押す。お金を機械に入れ、出てきたレシートを受け取る。やっと終わった。

銀色の台から、カートに両手で袋を戻す。そのとき…

中のペットボトルが動いたからだろう。寿司の容器が傾いた。

あっ、いけない!

ヨリを戻そうとして反対側に体重をかけるも…希望は叶わなかった。

寿司は袋からはみ出して180度ひっくり返り、床めがけて真っ逆さま。ああ…


ぶちまけた。

ほうぼうに散らばったマグロとシャリ。

なんでこんな…
呆然と床を見つめる。

隣のセルフレジの若者たちがススッと身を引いた。

背後の人々から「あ~あ…」と声が漏れる。

私は近くの店員に声をかけに行った。「すいません…」
「どうしました?」

「あっちのレジですが…」
「はい」

「あの…床にこぼしてしまって」
「え?」

「なにか雑巾とか…拭くものとかありませんか?」
「え?…あ!わあ!」

やっと気がついたようだ。

「すいません、床を汚してしまって…」

申し訳なく詫びると、店員さんは言った。

「自分がやるからいいですよ!それよりお金は払ってしまった後ですか?」

「あ、ハイ…。でもお金はいいんです。それより…」

「あとは大丈夫ですから。私がやりますから。でもああ…お代金はどうしましょう」

「お金はいいですから…自分が悪いんで…」

「そうですか…?いやぁ…でも…」

「いえ、それはいいんです。……じゃあ、すいません…あとのこと…お願いします…」

「あ、それは大丈夫です!」


(すいません…、すいません…)

心の中で呟きながら、カートを押した。

自分の非である以上、本当は後片付けを手伝うべきだが、早くその場から去りたい気持ちがまさった。

(ごめんなさい…店員さん、ごめんなさい…)


逃げるように店を出た。

車の後部ドアを開けて、座席に買い物袋をドサッと置く。

マグロが無くなり、ペットボトル6本だけになったビニール袋を恨めし気に眺めた。

バタンとドアを閉じて―

反省猿のように、車に片手をついたまましばらくうなだれた。

ふ~…泣けてくる…


ふと、夜空を見上げた。

やはり空気は冷たかった。

だからだろう。

星はキラキラ輝いていた。


あ~あ…もしも犬だったら…

ワオ~~~ン!と遠吠えをしたいところだなぁ


yozora.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

スランプ脱出?

お久しぶりです!

前期試験の合格発表が終わってから一週間、何も書けませんでした。

たま~に、こういうスランプがあります。

あれもこれもやらないと…と、課題が山積しているときに自身に突如として襲いかかってくるのです。

ほかにやるべきことがたくさんあったからブログが遅れたのかというとちょっと違います。

やることがあまりに多すぎて、バブルがパンッ!とはじけるように脳みそが空っぽになってしまったのです。

それでも時間は刻一刻と過ぎてゆく。

ああ…やんないと!

時計やカレンダーを見るたびに焦るのですが、行動がついていかない。これ、生徒の皆さんにもありますよね。

私はそういう生徒には、
「落ち着いて。一気にすべては解決できないよ。まずは一つずつでいいから消化していこう!」

なんて偉そうに声をかけますが、なんのことはない、自分でもこうなんです。

で、結局どうしたか。

同じです。

私は心の中で自分に堀ちえみのように言い聞かせました。
「私はバカでノロマな亀。一つずつ消化していこう…」

で、手始めに何からやるか。

私はこの前このブログで、ウオ~!とバカ丸出しで叫んだことを思い出しました。

そうだ!とりあえずカラオケに行こう!

そこで先日の授業後の日付が変わる頃、某カラオケ店で約1時間半ワンマンライブを決行。

サザン、ユニコーン、ブルーハーツ、沢田研二から、ジギ―、ボガンボス、ニューエストモデルなど自分のストライクゾーンをフル熱唱すると、自分の心の中にあったモヤモヤは完全に吹き飛び、全身にエネルギーが充填されました!

翌朝―快適な目覚め。すでに気持ちは闘志満々です。

そんな中、ふとワイシャツを見たとき、今まで敬遠していた初めてのことに挑戦しようという気持ちまで湧いてきました。

よし、アイロンをかけよう!

カミさんが亡くなってからのこの8か月、ワイシャツはすべてクリーニングに出していました。

でも最近は店に出向くヒマがなかったので洗濯機へ。
すると当然シワができる。

じゃあアイロンをかければ良いではないか。

しかし、その使い方が分からない。
説明書を探すために戸棚を引っ掻き回すも…ない。

それでそのまま放置となっていたシャツがいくつかあるのですが、その朝とうとう思い立ったのです。よし、説明書なしでやってみよう!と。

アイロン台にシャツを置く。
水を入れたアイロンをコンセントに差す。
よし、電源ランプがピカッと光ったぞ。

ボタンやつまみがある。
あるボタンに霧が噴き出すようなイラストがあった。
これを押せばいいんだろう。

押す。
しかし反応がない。
なぜだ?プシューッと出ないのかい?

そのとき、中2理科の飽和水蒸気量曲線を思い出した。

ああそっか、水蒸気は目に見えないからな。
きっと服にあてたとき秘かに出ているんだろうな。

アイロンの取っ手をつかんで持ち上げた。
シワになった部分にあてる。

…変だ。
シワが直らない。

ボタンを連射する。
しかし何も変化がないようだ。

まったく…これだからイヤだ。

「誰でも手軽に簡単にできます!」
電化製品にはよくこんなことが書いてある。

ウソつき!
そう書いてあるものに限って簡単に出来た試しがない。

アイロンをひっくり返して底の部分を調べた。
壊れてるのかな。でも電源は光ってる。

なんか全体的に熱を帯びてきたようだぞ。
パイロットランプという部分が光ったり消えたりしている。なんだこれは。

試しに例の、霧マークのボタンを押した。すると―

プシュ~~ッ!

高温の湯気が無数の穴から一気に噴き出した!

そしてそれはモロに左手にかかり…
アッチィィィィ~~~!!!

ああイヤだっ!これだからイヤだ!
なんて難しいんだ!
微積分の方がどれだけラクか!
電源に差して、あったまるまで時間がかかんのかよ!
だったらそう機械に書いててくんないかなあ!

(ホントにもう……)

そこからは泣く泣くアイロンを滑らせる。

湯気を出しながら縦に横に滑らせる。

シワが取れてきた。

ジ~ン…。

ちょっと嬉しくなった…(´∀`*)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

クリスマス

中3集団は今日から冬期講習ですねえ!

この冬休みの間にモレを無くすべくしっかり鍛えてやる!と、昨日、気合を入れて早く寝たら、早く起きてしまいました。。。

ということで、ブログでも書こうかと。今回はプライベートネタです。すいません。

**********************

先週の日曜日のこと。

息子二人と夕食でココイチカレーを食べていると、小5の次男がおもむろに「ああ楽しみだなあ」と言いました。

「ほう、何が?」
私が色めき立って聞くと―

先月末、妻の月命日の日に仏壇に線香をあげた次男は、手を合わせたあとしばらく遺影を眺めて目をパチパチさせたことがありました。

あれからまだ半年、、、やはり小5にはキツいんだろうな。。。

あまりに可哀想だったので、その週の日曜日に急遽プール付き温泉を予約し、悲しさを吹き飛ばすために三人で思い切り遊んだことがありました。

そういうことなので、子どもに楽しみだと言われたらできる限りそれに協力したいとの思いがあります。

で、勢い勇んで聞き返すと、その返事はまったく予想していないものでした。

「え?クリスマスが近づいてきたから」

「は?クリスマス?」
「うん」

「なんで?」
「え?なんでって。クリスマスって言ったらケーキとかプレゼントとかあるから」

「う…うう…」

(マ…マジかぁ~…そんなこと期待してんのかよ~…

でもまだ小5だもんなぁ…無理もないか…

去年まではあいつがいろいろ凝ってやってたからなあ…

室内の飾りつけから手作りケーキからローストチキンにクラッカー。

そしてサンタへの手紙を書かせて、それを長い靴下に入れて翌朝にプレゼント。

それを今年もやれってか。オレが?ムリムリ~~~!!!)

多分、相当顔をしかめていたのだと思う。

それを見たのか次男が聞いてきました。
「お父さん、どうしたの?」

「い…いや~…。ああ、ケーキはそうだな。食べよう」
「うん!」

「プ…プレゼントねぇ…。それはもしかして…」

一瞬イヤな予感が走る。でもここは聞いておくか…

「そ…それはもしかして…サンタからもらえるのかな?」

「そうだよ。毎年もらってるもん。今年ももらえると思う」

(マ…マジかぁ~~~!!!
サンタの演出、オレがやんの?
いやぁ、カンベン…
おい、お前、どうなのこれは…)

隣に座る中2の長男をチラ見する。

絶対今の話を聞いているはずなのに、黙々とカレーを食い続けて話に入ってこない。

(くっ、コイツ…知らないフリってか)

なおも次男が言う。
「今年も、野球はちゃんと頑張ったし、宿題もやったからサンタは絶対来るはずなんだよ」

「う………そ、そっか……」

遠くを見つめて幸せそうな笑みを浮かべる次男。

また長男をチラ見する。

ヤツの口元が笑ったように見えた。

チッ、お前…オレがどう答えるか高みの見物ってか。

「そ…そっか~~…じゃあサンタが来るといいね(恥)」

今、明らかに長男が笑った。

**********************

昨日。

DSの桃鉄が欲しいとのことなので駅裏のヨドバシへ。

「DSの…」と言われたときはまたゲーム?と思ったが、桃鉄はいい。日本地理ができなくて困っている人はこれをすればいいと本気で思う。

で、店に行ったら…、
まあ人がいることいること!レジには30人ぐらい並んでいましたか。

今までクリスマスはカミさんに任せきりだったけど、世の中はこんなことになってんの?とビックリ!

しかし…カセットは売り切れ。

なかったら仕方ない…よねえ。

残念なような…ホッとしたような…複雑な気分のまま、ふと横を見たらダウンロード版といって小さな厚紙がありました。

ああ、これでもできるのかと手に取るも、このペラッペラのを包んでもらって、サンタがプレゼント?

無いだろこれは…とその紙を元に戻す。いや~難しい!

その日はそのまま帰宅。

桃鉄は今度パパからのプレゼントとして、やっぱり今回はサンタが持ってきそうな別のものにしよう。

ああ、こんなことを書いていたらもう結構な時間だ、冬期講習の帰りになんか買ってこよう…

クリスマス

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

おじさんに教えられた

今から二週間ほど前だったか―

その日は午前1時くらいに仕事が終わり、塾を出て帰路へ。

途中、太るからいけないとは思いつつもどうしても腹が減ったのでフラフラっと長町モール横の吉野家へ入店。

特盛と大盛は無視できるようになった。

では並か…コモサラ(小盛丼とサラダ)か…と逡巡するが、最近になってようやく「あ、コモサラで…」と言えるぐらいまで成長した。

料理が来るまでの間にスマホに来ていたメールをチェックする。

長男(中2)の部活から来ていた。
今週の土曜日の試合、車を出せませんか?

ふぅ~~~……今週もか…。しっかし…
中学の部活になんで親が毎週付き合わなきゃあならんのだ?
仙台駅集合で、そこからバスなり電車で移動する部活もあると聞く。
それでいいじゃないか。どうしてこんなに野球部は過保護なんだ?

と、愚痴ったところで仕方ない。
返信文を書いた。

夜分に恐れ入ります。土曜日は毎週仕事があります。いつもご協力できなくて大変申し訳ありません。お役目ご苦労様でございますm(_ _)m

そのまま送信を押そうとして…ヤメた。

「夜分」っていうのは常識的に午後9時位からせめて11時頃までだろうな。さすがに1時に鳴ったら迷惑か。

相手のメルアドを確認した。パソコンならいいが。

@のあとにezwebとあった。これはダメだ。明日の午前中に出そう。

「夜分恐れ入ります」を削除して「おはようございます!」に変えて保存した。

メシが運ばれてきた。食べながら一日を振り返る。

ああ、今日も怒鳴ってばかりだった。

友達としゃべって自習している女子生徒。
お前ら、さっきからずっとだよね。親に自習しに行くと言って出てきてんだろ?これじゃ嘘つきじゃねえか。

カップル。
ここは勉強する場だ!公園に行って手をつないでブランコでもしたらどうだ!

スマホを操作している女子生徒。
禁止だよー。お前も禁止だ。オイみんな!スマホは禁止だっ!

遠藤ほか社員。
マジメにやってる奴からするとな、「ああ、誰かあのうるさいのを注意してくれないかな」ときっと思ってるはずなんだ。それを注意するのは俺たちじゃないのか?注意され過ぎてイヤになってヤメる奴が出てきても構わないから!見て見ぬフリはすんな!

中2Sクラスの宿題をやってきていない8人。
何でやってないんだよ!なに?忘れましたぁ?
ほう…確か倉庫に竹刀があったな…あ、いや、チェーンソーか。

ハイ?やめてください?
いいんだよ。宿題もやらずにズルズル下がって社会のクソの役にも立たないような人間になるくらいならさ、バラバラになって土に埋められて養分になってさ、そこに草木が生えれば人の目にも留まって他人の役に立てるから。
おい、さっきの8人!何時まででも残ってやっていけよ!

食い終わった。
会計前に50円安くなるアプリを起動させる。

ふぅ~~~……秩序を保つためとはいえ…
やっぱりここんところずっと怒ってばっかりだな…。

お金を払ってため息交じりに店を出た。隣にローソンがあった。

ああ、子どもらの明日の朝食を買わないと。

野菜ジュースは必須。米はあるから、卵とソーセージと納豆…あ、ヨーグルトもつけるか。

店内に足を踏み入れる。すると、レジの中にいた50代位のおじさんが声を上げた。

「いらっしゃいませ!コロッケでき立てでーす!本日は72円でお安くなってますよ。美味しいですよ!」

店内を見渡す。自分しかいない。とすると、今のはオレに言ったのか?

こんな時間に?オレ一人に?あんな大きな声で?

レジ前を通過するときおじさんに軽く会釈して惣菜コーナーへ向かった。

予定のものを買い物籠に入れて再度レジへ。

おじさんが籠から品物を取り出し、バーコードを当てながら声を上げる。「こちら卵一点○○円…」

おじさんの名札を見た。「オーナー」とある。

深夜バイトが見つからないのかな。それとも…

「計○○円になります」の声。財布を開ける。

小銭を一つ一つ数え上げているとき、正面から唐突に聞こえた。
「この時間にお帰りですか?」

「え…?」

手を止めて顔を上げた。そこには柔和な表情があった。おじさんは続けた。「いつも、この時間にお帰りなのですか?」

私はまじまじと相手の顔を見た。なんて優しい顔だろう。

「あ……いつもというワケでは…」
やっと口にしたその言葉に対して、おじさんは笑顔でお辞儀して言った。「お仕事、お疲れ様でございます」

驚いた。よもやこんなところで赤の他人にねぎらいの言葉をかけられるとは。数秒後、全身に心地よいものが流れた。

私はほかに客がいないことを確認してから言った。「おじさん、優しいですね。おじさんこそお疲れでしょうに。エライなあ」

おじさんはいえいえと笑った。

「きっとこのお店は繁盛されているんでしょうね。そんな言葉をかけてもらえるなら私は必ずまた来ますよ。あ、コロッケ美味しいんですよね?2つもらえますか?」

「ありがとうございまーす!」
おじさんは笑ってから言った。「お客さんの方々には大変良くしてもらっています。でもね…ここも今月で閉めるんです」

「えっ…」

絶句。なんと言葉を返したらいいものか分からなかった。

そのあと昨今のコンビニ事情やその店の事情について話を聞いた。なるほど、そうですか…。

「おじさん、また来るよ」
「31日までやってますからぜひ!」

**********************

そして今日。2週間ぶりに夜12時過ぎにその店を訪れた。

おじさんが笑顔で「どうも!」と手を上げた。こっちを知っていてくれたのがうれしかった。

閉店セールだからだろう。店の品物は半分ほどになっていた。

レジで会計を終えたおばさん客がオーナーと楽しそうに談笑している。

その後、若い青年2人が店に入ってきた。お菓子やジュースを買った後、こちらも立ち止まってオーナーと会話をしている。

おばさんにも、青年にも慕われて…
その光景を見て私はなんだかうれしくなった。

缶ビール2本買って帰るつもりだった。
しかし気づけばあれもこれもと買い物籠に商品を入れていた。支払いは4,000円にもなった。

「袋が3つになっちゃった。持てますか?」おじさんが笑う。

「持てますよ。あ…、あとコロッケ2つください」
「はい!毎度ありがとうございます!」

「毎度…か(笑) 明日も来ますよ」
「31日までやってますから来てください」

「コロッケありますか?」
「ああ、あります!」

車に乗って思った。自分はなんてすさんでいるのだろう…。

最近ずっと”楽しい毎日”じゃなくなっていたな。

やっぱり笑顔は大事だな。よし!明日の塾は…笑顔で行こう!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR