タメになるホラー話⑧「落ち込まない」

「先生・・・・・・・・・。この前の・・・実力テスト・・・・・・返されました・・・」

「おいおい、どうした、そんなに暗い声で」

「数学悲惨でした・・・。あ~、終わった・・・。ダメだ、もうわたし・・・。生きていけない・・・」

「おいおい、なに言ってんの!この時期の実力テストなんてそんなもんだって」

「ダメ、もうダメっ・・・。わたしは・・・数学できないのっ!」

「はぁぁぁぁ・・・いるんだよなあ、毎年毎年お前のような落ち込み屋さんが・・・。なんでそんなに自分に自信ないの?」

「だって全然わかんないんですもん・・・」

「だから勉強するんだろ?こんなことでいちいち落ち込んでいたらこれから先大変だぞ。あいつのように・・・」

-----------------------------------------------
タメになるホラー話
第8話「御手 学理(みて がっくり)」


友人「おう、御手!お前、今回の実力どうだった?俺、かなり上がってさ~!イヤッホ~!!」
 (いいなあ、それに比べて俺は・・・)

先生「では次。ここは超基本問題だ。こんなのは絶対取らなきゃダメだぞ」
 (はぁ~あ・・・オレはミスってるし・・・)

母親「学理!アンタ、ちゃんと勉強してんの?何なの、この英語の点数は!」
 (そんなこと言われなくても分かってるよ・・・ブツブツ・・・)

恋人「ねえ、学リン、ちゃんと私の話聞いてるの?なんかつまんな~い」
 (あ、ごめん・・・テストで落ち込んでて・・・)」

判定「C判定―あなたの現在の成績では合格はまずもって無理でしょう―」
(えっ?!ウソだろ・・・ウソだ・・・ウソだ~~~っ!!)

「…と、そこで目が覚めたんです・・・。先生、次の『実力テスト』、オレもう怖くて怖くて・・・。どうしたらいいでしょうか」

「お前はホント小心者だなあ。まあ、テストが返されても何も感じないあそこにいる穂多良よりはマシだけど・・・」

「はあ・・・ダメだ、オレ・・・。どこも受からない・・・」

「そんなことないって。お前、今すごくがんばってるじゃん。理社の問題集は半分以上終えているし、英語の単語テストも好調だ。大丈夫。穴はほぼ埋まりつつある。次で結果が出るかは分からないけど11月位には安定して高得点を取れるようになっているよ。志望校も大丈夫だ。今の勉強を続けていれば十分合格圏だ」

「でも、そこはこの前模試でC判定でした・・・」

「それは穴があったときの話だろ?C判定のまま入試を迎えたらそりゃ落ちるよ。あのな・・・、判定Cってのは『アンタはバカですね。この高校を受けるのはやめなさい』ってことじゃなくて、『合格まであと何点足りません。だからもっと勉強がんばろうね。』っていうことなの。まだまだこれからなんだからさ、落ち込んでいるヒマがあったら勉強しよう」

(実力テスト後)**********

先生「はい、みんな来て~、テスト返すよ~」
御手(き・・・きた!よし落ち着いて・・・大丈夫だ・・・。動じない・・・。模試で大事なのは結果じゃなく復習・・・。落ち着いて・・・)

先生「はい、御手くん」
御手「ハ・・・ハイッ!(数学かぁ・・・ちょっと自信なかったけどなぁ・・・)うおっ!上がってるっ!うお~~っ!!」

先生「コラっ!奇声発しないっ!はい、みんなどんどん取りに来て~」
御手「英語も国語も上がってるっ!社会は・・・きゅ・・・95!キタ~ッ!これは初のA判定じゃねぇの?!フフフ、でもちょっと理科が怖いんだよな~(笑)」

先生「はい、理科25点。がんばれよ。あ、これ判定な」
御手「に、に、に・・・、にじゅうご・・・マジ・・・?
は、は、判定は・・・・・・『C』!
シー・・・、シー・・・、シシッ、シシシシ、ケケケッ」

先生「おい・・・?御手っ?御手~~~~~っ!」

******************

「えっ!そ・・・それでどうなったんですか?!」

「結局・・・、落ち込みグセが治らず、それを境に壊れてしまったな・・・。あのあと理科に採点ミスがあったのが分かり、理科80点、判定Aになったのに・・・」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話⑦「真っ先に復習を」

「先生、今度の模試と、夏休み明けの学校の実力テストなんですけど・・・、何を勉強すればいいでしょうか?」

「え?模試の勉強?やんなくていいよ、そんなの」

「え~っ、そうなんですか~?」

「そうだよ。範囲の狭い『期末テスト』なら別だけど、模試や実力はやんなくていい。そもそも模試っていうのは弱点をあぶりだすためにやるんだ。だから、逆に試験後に答案が返されて自分の弱点が分かったあとは、間違えたところの周辺を猛烈に勉強しなきゃあいけない

「はあ・・・」

「『はあ』って、お前・・・コトの重大さに全然気づいていないな・・・。あいつもそうだったけど・・・」

-----------------------------------------------------
タメになるホラー話
第7話「穂多良 一史(ほたら かずし)」


「おい穂多良、そんなに慌ててどうしたんだ?」

「あ、先生!いや~、今度の『実力テスト』ですよ!400点取らなきゃ親にケータイ没収されちゃうんです!」

「ほう、でもケータイ依存症から立ち直るにはいい機会じゃないか」

「そ、そんなぁ!あの・・・、でもやっぱ・・・ムリですかね、400わ・・・」

「実力テストで400だと?ムリに決まってるだろ」

「うわ~ひどい!ねぇ、先生・・・、何でもしますから・・・来週までに400取れる方法・・・教えてくださいよ」

「そんなんないって。『期末』ならできないこともないけど、『実力テスト』だろ?無理無理」

「先生~っ!俺、この前期末で400超えたんですよ!あと10日あるんだから無理と決めつけるには早いでしょ!」

「お前な・・・模試や実力というのは普段からきちんと勉強してないと取れないの。今のお前が仮に試験まで一日10時間ぐらいやったって無理なんだよ。今回はあきらめて地道な勉強を続けるんだ。そうすれば11月には400点を越えてくるよ」

「グスン・・・。地道な勉強って何ですか?」

「普段から言ってることだろ。勉強で一番大切なのは二度と同じミスをしないこと。そのためには間違えたところを繰り返し解くんだ。模試もそうだぞ。お前は家でテストを1ミリも復習しないだろ。問題も解答もほったからしだ」

「そ、そうですけど・・・。どうして見てもないのに知っているんですか?」

「分かるさ。お前は模試が終わって解答をもらったとき、いつも中身をチラッとも見ずに真っ直ぐかばんにしまうだろ。答えなんかまるで気にしていないっつーか・・・。普通有り得ないんだよそんなことは。答案を返したときもそう。点数をチラ見してすぐに机の中に放り込む。どこが間違ったのかチェックしないんだから・・・。そういうやつが家に帰って間違いの復習をするわけがないだろ」

「おっしゃる通りで・・・」

「いいか、模試・実力の勉強は試験前じゃなく試験後に!しかも試験後2日以内にな!でないと・・・」

「・・・でないと?」

「タイムオーバー。ドッカーン・・・だ」

(試験後47時間経過)*********

友人「よう穂多良、お前、この前の『実力』どうだった?俺、全然勉強してなかったからボロボロでさ~」

穂多良「あ~、俺も俺も。数学の図形なんて一っつも書いてねえよ、ハハハ」

友人「お前もか~。な・・・なあ、だったら一緒に間違ったところの復習やんねえか」

穂多良「復習~?ナニ言ってんの?もういいよそんなの(チチチ・・・)。それにもう次のテストがあるじゃん。そっちの方をやんないと!(チッチッチッチッ・・・)。ん?時計音?・・・(チッチッ、ピッ、ピッ)な、何だ!?(ピッ)ドッカーン!」

******************

「『ドッカーン』!?何ですか、それは!!時限爆弾?」

「結局彼は・・・復習のタイムリミットを守れずに爆死してしまった。お前は大丈夫か?コナゴナはコリゴリだぞ」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話⑥「道具をそろえる」

「いや~今日も暑い中やっとるね~!ご苦労ご苦労!」

「先生!僕、昨日ゲームしまったんです!流されないように頑張ります!」

「ほう!一番伸びるのは素直な子。お前はいいね。・・・んん?こ、これはっ!」

「へ?どうしたんですか?」

「ま、まずい、ヤバい!は・・・早く!早くそのシャープペンにキャップをかぶせるんだ!」

「え~?これが何か・・・?」

「お、お前・・・死ぬぞっ!早くしろっ!あいつのようになりたくなかったら早くっ!」

-------------------------------------
タメになるホラー話
第6話「辺 恵須(ぺん けいす)」


「辺さん、本当に入るんだね、この禁断の家に・・・」

「はい、覚悟はできています。私、どうしても偏差値上げたいんです!」

「そりゃあ、前も言ったようにこの精神と時の家に入って丸一日勉強すれば偏差値はたちまちのうちに20上がる。だが・・・」

「だが・・・なんですか?私には時間がないの!」

「勉強の姿勢がなってないものはこの家から生きて出ることはかなわぬのだ・・・。過去に何人もそれでやられている・・・」

「私は勉強に対してきちんと心構えが出来ています!バカにしないでください!」

「これ以上言っても無駄か。
でもいいか!ケアレスミスって言っちゃダメだぞ!『無理』とか『できない』も禁句だ!分かったな!」

(翌日)*************

「ハア、ハア、先生、ちょっともう少しゆっくり走って!恵須はしっかりしています。大丈夫ですよ!」

「ダメだ、急げ!オレとしたことが・・・」

「どうしたんですか?何か気になることでも・・・」

「ああ、昨日ちらっと見たあのペンケースの中・・・ヤバい。気になることが3つある。親友のお前は気づかなかったか?」

「3つ?何がですか?」

「一つは鉛筆だ。短く、先の丸い物しか入ってなかった。あいつはシャープペンより鉛筆の方が書きやすいと言っていたが・・・だったら長いものを使い、先端は常にとがらせてないといけない

「確かに・・・。ほかには?」

消しゴムがなかった。さらにシャープペンの頭のキャップが取れて、黒くなった消しゴムが顔を出していた。おそらくそこをよく使うんだろうが・・・あそこは使っちゃダメだ!」

「どうしてですか?」

「あんなのでは力が入らないだろう?言語同断さ」

「なるほど・・・ほかには?」

赤ペンがなかった。赤のボールペン。だから、あいつはマル付けとか要点を書き込むときに蛍光マーカーでするかもしれない。でもそれは絶対にやってはいけないんだ」

「確かに・・・光って見えないし・・・なんかテキトーですよね。・・・とすると恵須は・・・あっ!あの人だかりは!」

「ちょっとすいません、よけてください!あっ!・・・ぺ・・・辺さん・・・」

「こ・・・これは・・・部屋から出ようとしたときに家にやられたんですね・・・背中から・・・」

「やはり・・・この家の怒りに触れてしまったか・・・」

*****************

「えっ?えっ?えーーっ!辺さんは?どうなったんですか?」

「背中に3本の矢が刺さっていた。
でもよく見たら・・・
それは、先の丸い短い鉛筆・・・ピンクの蛍光ペン・・・キャップの取れたシャープペンだった・・・」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話⑤「周りに遊ぶものを置かない」

「先生、やらないとダメだという前回のお話、感動しました!私には今まで危機感が足りませんでした。頑張ります!」

「そうか。一歩前進だな。で、どうがんばるんだ?」

「え~っと、そうですね・・・。とりあえず最低3時間はやるようにします!」

「時間じゃないんだけどな・・・、まあ決意は良し。でも今まで勉強1時間の人が急に3時間だろ?なかなか難しいぞ」

「ええ・・・まあ・・・。でも今まで怠けていたのでこれからは心入れかえて頑張ります!

「心入れかえてか・・・ムリだな」

「えっ?なんでそんなこと言うんですか!人がせっかくがんばろうとしているのに・・・」

「あ、悪い、やる気をそぐようなことを言ってしまったな・・・。ただ君と同じことを言う人は過去に何人もいてね・・・、そしてそのほとんどが長続きしないんだ。中でもあいつは悲惨だったな・・・」

--------------------------------------
タメになるホラー話
第5話「長狭 礼(ながさ れい)」


「長狭君、英語の小テスト、なかなか受からないね。このままだと合格できないよ。家で練習やってるの?」

「す、すいません・・・。やらなきゃとは思ってるんですけど・・・なかなか始められなくて・・・」

「ふーん、一日の過ごし方教えて。学校から帰って夜寝るまででいいから」

「家に帰ってくるのは4時過ぎですかね・・・。そこからは・・・え~っと、ゲームをします・・・。でも1時間と決めています!で、そのあとはインターネットとメールで・・・7時ぐらいにご飯で・・・、テレビ見てお風呂入って・・・10時ぐらいかな。勉強はそのあとやろうと思うんですけど・・・雑誌見たりしているうちに眠くなって・・・」

「おいおい・・・流されっぱなしじゃないか・・・。落ちたな、これは・・・」

「やっぱり・・・そう・・・ですかね?」

「100%そう。君の周囲はまだそんな感じなんだろうけどさ、受かる人というのは今の時期からちゃんと勉強しているから」

「じゃ、じゃあ、えっと・・・ゲ、ゲーム!・・・ゲームやめます!学校から帰ったら最初に勉強します!」

「ほう、それはいい心がけだ。で、ゲームはどうするの?」

「え?どうするって?だから、やめるんですよ」

「やめると決めるだけ?」

「えっ?そうですけど・・・、なんでそんなこと聞くんですか?」

「はぁ、全然分かってない・・・。あのな、『決めた』って言うけどそんなのムリなんだよ。人間ね、人生を狂わすほどの大事件、大病、大不幸、大失恋でも起きない限り決して心は変えられないの。そういうつくりになってるんだ」

「え~!じゃあ、どうすればいいんですか!」

心構えではなく周りを変えること。つまりゲームをしないと決めたなら、たとえやりたくても絶対にできないようにするんだ。例えば捨てる、全て売る、親戚に預ける、何重にもガードしてどこか奥底に封印する・・・。とにかく環境を変えるんだ。でないと確実に流されるよ。合格したいと心から願うなら、そうやって時間を作っていかないとダメだ

(数日後)*************

「よし、先生の言った通りゲームを封印しよう。押入れで十分だろう。

(勉強中)・・・う~ん、気になる・・・少しぐらいならいいんじゃないかな・・・、こういうことが気になりだすと勉強も頭に入ってこないしな・・・

イヤ!ダメダメ!やらないと決めたじゃないか!やらない!俺は絶対に流されない!

・・・でも、もう30分もがんばった。自分へごほうびをあげてもいいんじゃないかな・・・そうだよ、ストレスをためるのはよくないし。少し息抜きすればまた勉強もはかどるだろう・・・

ほんのちょびっとなら・・・(ガサガサ)
たしかこの場所に・・・(ゴソゴソ)
この箱の中に・・・うっ、これはっ!う、うわぁぁー!」

******************

「そ、それで?それで長狭さんはどうなってしまったんですか?!」

「消えていなくなったよ。流されっぱなしのあいつは最後、その箱に吸い込まれてどこかの世界に流されていったんだろうな」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話④「やらないと受からない」

「いや~、今日は暑いな~。ところで君たち、この貴重な夏休み、塾のない日は勉強どのぐらいやってんの?」

「あ・・・え~っと・・・1時間ぐらいですかね・・・」

「い、いちじかん!!!・・・カ、カハッ・・・く、くるしい・・・だれか・・・酸素ボンベを~・・・」

「ど、ど、ど、どうしたんですか???・・・ハ、ハイ、酸素ボンベ!(持っててよかった・・・)」

「・・・スゥ~・・・ハァ、ハァ・・・、ハァ~・・・今一瞬呼吸が止まったぞ。お前、もう少しで殺人を犯すところだったな。俺のように鍛えぬいて体力のある人間じゃなかったら、今の言葉でイチコロだったぞ。中3なのに何でやんねぇんだよっ?」

「え?だから、やってますよ、1時間」

「うっ、うぐっ・・・ヤバイ・・・こ、今度はヤバイ・・・だ、だれか・・・人工呼吸を~・・・なるべく美人で・・・」

「・・・そのまま死んでください・・・
でも俺忙しいんですよ~、いろいろと・・・」

「忙しい?・・・ふ~ん、ま、人それぞれ事情があるからね。ただね、1時間はないでしょ、1時間は・・・。この時期、受験生は普通最低3時間はやってるって。・・・はあ、今年もあの話をしなきゃならないか・・・」

------------------------------------------------------
タメになるホラー話
第4話「枕 元子(まくら もとこ)」


「枕さん、最近成績が平行線だね。家で勉強やってないでしょ。君はS高校に入りたいんだろ?何度もいってるように、授業でやったところ、間違えたところのやり直しだけは家できちんとやんないと」

「え、・・・アハハ・・・」

「笑ってごまかすな!ここは大事なところだ。家でどのぐらいやってんの?」

「あ、え~っと、やって・・・ません(笑)」

「やらなければ落ちるよね。それは分かってる?」

「ハイ・・・。でも、眠くって・・・」

「はぁ・・・。君はさ、おそらく受験をマラソン大会とか卒業式のように考えているんだ」

「え?どういうことですか?」

「毎年何人かいるんだ。現実が見えていない哀れな人間が・・・。マラソン大会はさ、走るのはつらいけど何とかゴールはできるよね。よほどでない限り『みんな』ゴールする。

卒業式もそう。3年間いろいろあったけど、結局『みんな』卒業する。成績がいい人、悪かった人、いろいろいるが結果はみんな同じだ。みんなアガれるんだ」

「はあ・・・」

「でも受験は違う。何が違うってね、『定員』だよ、定員
マラソンで言うとさ、『みんな』のゴールは許されないの。当たり前だけど、ある順位以下ははじかれちゃう。ここまできたんだからゴールさせてくださいって言ってもダメ。絶対にゴールはさせない」

「ざ、残酷ですね・・・」

「そうだね、ある意味残酷だ。でもしょうがないよ。受験は競争なんだから。競争というのはね、ときに残酷な結果を生むものなんだよ。他人と競争せずに育ってきたお前らにはまだこの本質が分からないんだろう、可哀想に・・・。

いいか、よく聞け。定員に入りたかったらやるんだ!
他人が遊んでいたら『いいなあ』ではなく『ありがとう』!わかったなっ!」

(その夜)**************

「よし、勉強しよう!・・・でも、まずはこの漫画を読んでから・・・。

ああ~面白かった!じゃ、勉強始めるか・・・。あ、でもこれからテレビであの番組が・・・。

ああ~楽しかった。このあとはちょっとパソコンで・・・。

あ~あ、何か眠くなってきた・・・」

(数日後)
「先生~、先生~!ウチの子が~っ、ウチの元子が~~~~!」

******************

「そ、それで?どうなったんですか?」

「俺が駆けつけたときにはもう・・・。あの子は笑っていたよ。棺の中で・・・幸せそうに眠ってな・・・」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR