ハイパー秋まつり

FROM:真田和之

9/18(月)敬老の日

「ハイパー秋まつり」を開催します!

DSCN1028.jpg

芋煮汁やラムネ、楽しい?イベントを用意してお待ちしております!

教室入り口に、参加希望者を書いてもらっています。

申し込みがまだの生徒はお早めにお申し込みください!!

CIMG1713.jpg

お祭りの内容を、昨年度のフォトとともにご紹介。

「名物芋煮汁」は小原先生、佐藤先生、逸見先生の愛情で満たされた優しいお味!!

ぜひご賞味あれ!

CIMG1712.jpg

ラムネはあけるのに一苦労!!

CIMG1725.jpg

小学生に人気の「射的」。

午前中は大行列ができちゃいます。

ちなみに、鉄砲を加藤先生に向けないで、楽しく遊んでくださいね(笑)

CIMG1734.jpg

「綿あめ」もありますよ~!!

CIMG1728.jpg

「ダーツ」は小学生にも中学生にも大人気!

今年も豪華景品をかけて、トーナメント戦を行います。

CIMG1747.jpg

その他、クイズやビンゴで毎年大盛り上がりです。

CIMG1776.jpg

皆様の参加を、スタッフ一同、心よりお待ちしています!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

小学生コメント復活!

今日と明日、中学生は休みですが小学生はあります。

006_20170623183938306.jpg

最近、「子どもに本を読ませるようにするにはどうすればいいですか」というご相談が増えました。

子どもに本ですか…

大事ですよねー。ウチの子も全く読まないので、語彙が幼稚で困ってます。

でも必要なことは、本に触れさせる環境だと思います。

自動的に本好きになって読むようになってくれれば…と親は思うけど、そううまくはいきません。

最初は無理やりにでも、まずは本を開かせるところから始めないと。

その点、こちら↓はかなりおススメ。

005_201706231839404f6.jpg

授業の合間に約10分間ですが、聞きながら読書の時間を設けています。

「今まで本をせがまれたことはなかったけど、これをやり始めてから子どもが『本を買って』というようになりました!」と、お母さんから喜びの声を多数いただいていますから。

これ、もともとウチの子にやらせようと思って買ったんだけどな…

**************

ところで、小学生で通ってらっしゃる保護者の方に朗報!

来月から、以前ご家庭にお送りしていた、授業の様子の一口コメントが復活します!

スタッフ不足でこの2年間停止していましたが、頼もしい先生方の加入でようやく再開できる運びとなりました。

008_201706231839415f8.jpg

「塾での様子が分かってうれしい」
「ウチの子は外でそんなことを言ってたんですね(笑)」

と、感謝されることが多く、その声はこちらの励みにもなっていました。

004_20170623183936108.jpg

2か月に1回の割合でお送りすることになる予定です。ご期待ください!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

ゲーム禁止の日?

小学生の個別指導↓

DSCN0368.jpg

本日が体験授業初日の小学生兄弟がいて、私は見学されていたお母さんと少しお話をしました。

先に終わった小2男子、お母さんの横で「楽しかった」とニッコニコ。

それを見て「楽しんで勉強をしてくれたら」とお母さん。

そうそう!楽しんでやって、学びが好きになってくれたら最強です。

じゃあ、このあとは家に帰ってゲームをするんだねと男子に聞くと、やらないよと笑顔。

続けて男子は「ノーゲームデーだから」と答えました。

「ノーゲーム?なあにそれ?」

DSCN0367.jpg

「ゲームをやっちゃダメな日なの」
「ふ~ん、そういう日があるんだね。1週間に何回かあるの?」

「ううん。6月1日だから」
「???」

不思議がっている私に、お母さんが笑って教えてくれました。

なんでもそれは小学校で決められたルールで、毎月頭は一日中ゲームが禁止になるんだとか。へえ~、面白い取り組みですね。

DSCN0366.jpg

しかしゲームが禁止になったら、その日を子どもはどうやって過ごすのかなということがちょっと気になりました。

おそらくテレビとかユーチューブを見て終わるのでは…


そこで、ブログをご覧の小学生の児童、保護者様にお知らせ!

これから毎月1日、やることがなくてヒマを持て余している小学生がいたら教室に来て本を読みませんか?

「ノーゲームデー」を「読書デー」にして本の世界を楽しみましょうよ!

「え~~~!ほん~~?めんどくさ~~!」と思ったあなた!

3分で読むのをやめてもいいから、一度席について本を開いてみましょう。

不思議とその世界に引きずり込まれていくのが分かりますよー!

DSCN0365.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

小学生の授業風景2

女子「直径に3.14をかけるから…」
加藤「そう。直径はいくつかな?」

DSCN0267.jpg

私「う!そのやり方、ちょっと待った~!
そこはいきなり3.14をかけるんじゃなくて保留するの」
女子「……」

私「ちょっと見てて!ここをこうしてこうやって…わかった?」
女子「……(コクリ…)」

私「怖かったか…な……ハハハ…」

DSCN0266.jpg

男子「あれ?掛け算どうやるんだっけ」
真田「なに?あららら…それはいけませんねえ」

DSCN0265.jpg

真田「はい、国語の×直しいくぞ。涙をこらえるときお前はどうすんの?」
男子「え~?部屋から出る」

DSCN0268.jpg

「そうじゃなくて。どういう表情するの?」
「え~~…歯を食いしばるとか?…あ!あった!」

男子、解答欄に「歯を食いし」と5文字書抜き…

「ハイハイ、出た~、問題を読んでない。ここになんて書いてあるの?」

先生、赤ペンで問題文を丸で囲む。

「え~と…『一文を』書抜き…あ、そっか!先頭から書かないと!」

DSCN0269.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

小学生の授業風景

土曜日の小学生↓

こちらは低学年の個別指導です。

DSCN0246.jpg

こっちは高学年。シマを作って先生がつきっきりで面倒を見ます。

DSCN0242.jpg

こちらは他の部屋で行われている中高一貫コース↓

DSCN0239.jpg

このとき生徒たちが行っていたワークは、

今解き教室の巻頭カラーにある写真や記事を読む(8分)

②どれか一つをピックアップして、要約と感想を書く(7分)

③皆の前で発表

④討論

という流れ。

DSCN0236.jpg

これは前の週に五橋教室でも行いました。
ちょっと難しいかな…と思いましたが、生徒らはみんな主体的に動いてくれたので大満足。

DSCN0237.jpg

発表タイム中は他の生徒もその記事を読んで一緒に考えます↓

DSCN0252.jpg

「ゴメン、もう一回言って」

このあと、生徒の言ったことを要約するので私も全神経を集中させて聞きます。

DSCN0257.jpg

「そうすると君は、リニアモーターカーの線路を作るために山間部を掘ると森林破壊になる、だから環境のために海沿いにしたらどうかという意見なんだね?」
「ハイ!」

CIMG0699.jpg

「なるほど~、でも海なら破壊していいかという問題もあるけどね(笑)

ところでさ、上でリニアは東京と名古屋、大阪を直線でつなぐことになると書いてあったよね。

でもさ…、これ、別に直線じゃなくてもいいと思わない?

目の前に山があるなら、それをトンネルでブチ抜くんじゃなくてさ、山の周りに線路をはわせればいいんだよ。そうすれば環境に影響も少ないし。そう思わない?

…でもね、そういうわけにはいかないんだ。どうしてだろう?」

「……」

DSCN0261.jpg

「先生も正確な答えは知らない。でも直線じゃなきゃいけない理由はなんとなくわかるな。考えてみて」

「……??」

「ハハハ…じゃあやるか。
曲がるより真っすぐの方が最短時間で到着できるというのが一つ。

あとは、リニアは時速500km出ると書いてあるよね、
そんなに速いと…
おそらくカーブを曲がりきれないんじゃないかな?だからまっすぐにせざるを得ない…と」

なるほど~とうなずく女子が数名。

いや~かわいい!なんて純粋なんだろう!

「でも本当は違う理由なのかもしれないよ。
みんなももっと考えてみて!頭を使って考える練習だからね!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR