コミュニケーション2

おととい木曜日。

まだ午後3時だというのに生徒が次々自習にやってきました。

どれ、コミュニケーション取るか。

DSCN0729.jpg

「なんでこんなに早いの?」

ある中3男子に聞くと、「今日の塾の宿題、終わってないんで」とのこと。

コラコラ、夜の授業までに終わらせろよ~!

DSCN0726.jpg

「おっ!お前は学校の理科のワークか」

定期試験前でないのに学校ワークとは。早め早めに済ませようとするその習慣は見上げたものだね。

「後からどうせ忘れるから、繰り返すために習いたての今のうちにやっときたいんです」と男子。

ほ~う、見た目によらず大事なこと言うね。

DSCN0724.jpg

「先生、沢山質問があるんですけどいいですか…」

その男子は5月にやった模試の間違ったところをもう一度解き直ししていました。

「いいねえ~!模試は復習が命!
なのに何点だった、偏差値がどうだったとか数字にとらわれる人が多くてね…。よし、教えてあげましょう!」

DSCN0725.jpg

「音楽はいくつだった?」
「ああ、4だったよ」

隣のテーブルから中1男子の話し声。ああ、そういえば今日は終業式だったな。

全体的にオール4に近いと笑う男子に私は言いました。

実技が大事だぞ。あれは最後に2倍になるからな。

提出物はもちろん、先生の近くで歌う、先生に声をかける…、とにかく「僕は先生に興味がありますよ~」っていうのをアピールするんだ。いいな?

「ハイッ!」

DSCN0733.jpg

「お前たちはどうだった?通信簿」

そういえばこの学校の女子は昨年ハイパーインフレ状態だった。今年もか?

興味津々で聞くと、一人一人に聞いていくまでもなく、次々とあれも5だった、これも5だったとあちこちから景気のいい声が。

DSCN0728.jpg

「ほとんど5でしたよ!」
「4は何個?」

「2個ぐらい…かな?」

(ふ~ん…満面の笑みで答えるこの子は確か偏差値的には50を切っていたはず。

なのに二高並の平均評定4.8って…どうなってんの?偏差値から考えると3.5位が妥当なんだけど。

でもまあ、こうやっていつも早い時間に来て、机に向かって勉強している点は偉いからなぁ…

そういうところを先生は見てんのかなぁ…

でももしこの子が他の学校にいたら…

絶対、こんなにはもらえないよなぁ…

この子は良いとして、問題は逆パターン。

成績は優秀なのに通知表が低いって人はホント可哀そう。男子に多いけど…。

しかも提出物とかきちんと出しているのになぜか4だの3だのって。

女子だからか?

女子の笑顔はカワイイからか?

男子は笑顔がぎこちないのがいけないのか?

評定をつけるのは構わないけど、それを入試で3割も4割も使用するのはやめてくんないかなホント…)


心とは裏腹に、私は意気揚々と語りました。

「スゲーな!お前、それ平均評定4.8あるぞ!」
「えっ?」

「これからしっかり勉強してもっと上狙え!」
「ハーイ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

NNC②

<前回の続き>

「はいはい、どんどんやってねー。午前様は勘弁だぞー」

DSCN0700.jpg


部活で遅れてきて教室に入りきれない生徒↓

男子「先生、外でやってもいいんですか?」

「OK!一発で受かってくれよ」

DSCN0706.jpg


数学苦手女子は褒めて自信をつけさせるのが大事。

「あんなに教えてもダメだったのに……今日はできてるぞ!その調子で!」

DSCN0709.jpg


普段は授業開始5分でこっくりこっくりが始まる2人も今日は真剣。

「ちゃんと起きてやれるじゃないか!」

奥の男子に声をかけると「今日はざわついてるんで」と周囲をちらり。あーなるほどね。って、オイ!

DSCN0711.jpg


シャープペンを持つ手をトントンして考える男子(手前)↓

ただじっと固まって問題を見つめる男子(後ろ)↓

やり方を教える方と教えられる方(後ろ)↓

DSCN0712.jpg


と、一人の男子がニヤニヤして私に近づいてきました。

「工藤先生、これを差し上げます!ヘッヘッヘ」

「ん?じゃがりこ?なんで俺に」

「僕のプリント、マルつけしてください!」

「オレが?…解答持ってないけど…まあいっか」

DSCN0713.jpg


頭の中でポンポン計算しながら男子に聞きました。

「それにしてもお菓子を差し出すなんてな。オレを買収しようとしてるのか?」

「いえいえ、滅相もございません。

前の方、解答待ちが混んでるんで。

それに答えを見てマルつけされるより、先生の方が…」

「…の方が?」

「ミスする確率高いかな~って(笑)」

「はぁ?バカ野郎!解答よりオレの答えの方が正しいわ!」

DSCN0718.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

NNC①

昨日の午後6時半ごろ↓

教えて終わりでは身につかない。小テストで「できるまで」やらないと帰れないイベント、第4回NNCが開幕。

早く来た人からさっそくテストの束を手に取りテスト開始↓

DSCN0689.jpg

ハイハイ、来た人はココからどんどん持って行ってよー!

DSCN0692.jpg

女子「あ、カメラ向けてる!」
「お前のお母さんもブログ見てるんだろ?」

女子「フフフ、はい!」
「じゃあちゃんとやってるところを見せないとな。ほらほらやって」

DSCN0693.jpg

終わった人から前へ。
マルつけしてもらって合格点に達していなければ…残念。

ほかの類題プリントをもらって再度やり直し!

DSCN0700.jpg

ほうぼうで生徒から悲鳴が。

「ああヤラレタ~」

「ああ!符号でミスった~!」

「私はもうアガリー^^ 先生見てほら!」

う~ん、だんだんうるさくなってきた。

「オラ!隣の中2↓に迷惑だ!静かにやれいっ!」

DSCN0704.jpg

先生たちもハイスピードでマルつけ中。みんながんばって!

DSCN0710.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コミュニケーション

連日、たくさんの方から夏期講習のお問い合わせをいただき、毎日てんてこ舞い。

どうもありがとうございます!電話がつながりにくくなっております!どうかご勘弁を!

個別指導のお問い合わせも増えています。

今回はその様子をリポートします!

**************

こちらは生徒がやってきた宿題を先生が必死にマルつけ中↓

DSCN0697.jpg

その間、生徒は計算プリントを実施。初めて見る生徒なので私は声をかけました。

「おお!お前のそのペンは!
ファミリーコンピューターと書いてあるな。懐かしい…」

すると「知ってるんですか?」と男子。

「それはこっちのセリフだよ!初代ファミコンなんてオレが小学生のときのだぞ。マッピー、ゼビウス、ドルアーガの塔…青春だったな~。2pコントローラーにマイクがついているの知ってるか?」

「はい知ってます(笑) 固まったらカセットに息を吹きかければ直るとかも」

「ハハハ!なんで知ってんだ!」

**************

大人には超・人見知りする私も、見知らぬ生徒に声をかけるのは楽しい。

続けて後ろのテーブル↓

「ほ~う、二次方程式か。さあ、お前たちにこれが解けっかなあ!ま…ムリだろうなあ(生徒・苦笑) まあ頑張れよ~!」

DSCN0696.jpg


さあ、どんどんコミュニケーションを!


お隣は最近講師として加入してくれた昔の教え子のテーブル。先生が軽く緊張しているのがなんとなくわかる。

「お!今日は英語だな?」男子に明るく声をかけるも、こちらも「あ…はい」と返事がカタい。フッ…

DSCN0695.jpg

「お前、良かったなぁ。こんな美人な先生に教えてもらえるなんて。やる気が出るだろ」

ポンと背中をたたくと、「ハイ、メッチャやる気が出てきました」と男子。先生も笑う。

「ハハハ、こいつ!中学生のくせに!

オレだったら女性を前にして、思っててもそんなことは言えないけどなぁ!」


**************

隣の部屋に足を運ぶと、ウチの宴会部長・橋本先生と高校生が3名。

みんな、学校の数学課題を教えてもらっていました。

DSCN0701.jpg


まもなく二児のパパになる子煩悩な彼もお疲れなのだろう、椅子に腰かけながら生徒の手の動きを観察していましたが、私がカメラを構えると、急に立ち上がってそれらしい解説を始めるところはなんともいじましい。先生!フットワーク軽くね!

DSCN0702.jpg


時刻はまもなく22時。

中2の授業を終えた加藤先生も中3SクラスのNNC採点に加わる。

「ほらー!日付またぐなよ~!ラストスパート!」

DSCN0720.jpg

NNCの模様は次回のブログで!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

来週はNNC!

中3のあるお母さんから真田宛にメールをいただきました。

「先日の定期テストの結果ですが、NNCやテスト対策による、先生方の熱心なご指導により、目標にしていた点数をクリアすることができました。

第1回NNCでは、午後11時半を過ぎ、先生方もやんだぐなったと思います。

数学、英語の点数を見て驚きました。本当にありがとうございました。NNCは、続けて下さい。よろしくお願いします。」


大変ありがたいメール、どうもありがとうございます。

3週間おきに実施される生徒救済イベントのNNCは、

1回、2回教えても分からない人に、3回でも4回でも、分かるまで、エンドレスに、合格するまで、何度でも何度でも小テストを続ける主旨で今年度から行われましたが、

その効果のほどは…
生徒の反応は…
保護者の反応は…

一体どんな感じなんだろうと常々思っておりました。

でもこういうメールをいただけると、教える方は大変励みになります。


「NNCは、続けてください」とありました。

正直、複数の採点アルバイトに加え、加藤先生の休日出勤、深夜に及ぶ問題作成など、負荷が少なくない無料イベントですが、実際こうやって感謝の声があるようですので今後も引き続き続けてまいりたいと思います。

そこで、お知らせ!

来週はそのNNCの開催ウィークです。

DSCN0685.jpg

↑クラス、時間お間違えのないように!

**************

昨日の深夜、日付が変わったころをパシャリ↓

DSCN0682.jpg

加藤先生、問題作成お疲れ様です…

やんだぐなってると思うけど、これも生徒や保護者のため。頑張れ~!

DSCN0684.jpg

いや~背中…

哀愁漂ってるねぇ…

DSCN0681.jpg

来週は怒涛のNNC開幕!

暑さを吹き飛ばして頑張っていこう!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR